スティッカムにてネットラジオ「torrows in the night !」を毎週土日21時から24時まで放送中!


by torrows
カレンダー

BPD障害

 最近グログにトラックバックされた記事を読んだ。その記事の中に境界性パーソナリティ障害という記事を見つけた。

 書いてる内容は起伏の激しい人間性などを必要以上に出し孤立を意味も無く感じ、他人に依存するという病気だと書いてあった。僕はひょっとしたらこの病気にかかってるのではとマジで感じてしまった。僕は精神病なのか?」とますますダウナーになる一方。特徴は以下に記述。

1.人に捨てられるという不安が極端に強い。
2.対人関係が両極端に振れる。
3.感情が非常に不安定。
4.虚無感をいつも感じている。
5.強い怒りを持ち、それをコントロール出来ない。
6.妄想観念が生じたり、強い解離性障害

 という内容だった。この病気は女性に良くある症状らしく原因は様々で過去に性的虐待受けた事によって起こるなどが前例で挙げられるらしい。

こんな事も書いてあった。

 上記の6つに該当する人がいたら、ほとんどBPD患者だと言って間違いないと思う。具体的に言えば、1の「人に捨てられるという不安が極端に強い」というのは、一種の被害妄想で、相手は何も他意が無いのに、一方的に見捨てられると思い込み、その結果、相手に対してしがみつくような行動・言動に走り、時にはストーカー行為に走ってしまうこともある。

 2の「対人関係が両極端に振れる」は、当初は尊敬していているが、ほんの少しでも欠点が見えてしまうと、そればかりが大きく支配され、手のひらを返したように侮辱したり軽蔑する行動・言動に走る。

 3の「感情が非常に不安定」と5の「強い怒りを持ち、それをコントロール出来ない」は、明らかに第三者が見ても不自然な感情の変化が起こる。それは不安感・イライラにより、他人から見て意味の無い焦燥感から、怒りが爆発し、喧嘩や口論を繰り返すのだ。

 4の「虚無感をいつも感じている」について述べると、職場で自分だけが仕事をしていない、自分だけ仲間はずれにされている等の妄想に取り付けれてしまって、自分の仕事・立場・組織への帰属ができないので、明らかに浮いていて溶け込めない存在になっている。この障害の人は、いつも空虚感・離人感・退屈感を感じ続けてきている。

 以上のような感じだ。BPD患者は絶えず誰かに依存している。しかし、依存された方は非常に大きな心理的負担がかかった状態になる。依存された側が病気になったり、治療をしていた医師が自殺に追い込まれたり、BPD患者は時には大きな脅威となるのだ。

 BPD患者は、結局は自分の我を通すのだ。依存された人間の人格や環境は関係ない。全て依存された方が悪いと決め付け、勝手に作られた戯言を周りに吹聴する。こうなると最悪だ。医者に診てもらえと言っても、自分は正常な人間と思い込んでいるので、周りの意見には耳を傾けない。まして別の第三者に対し、受けが良い場合もある。

 これを見て一気にダウンした。それで仲の良い友達に相談した。するとこんな答えが。
「マサトはただセンシィティブに考えて気持ちが一杯になっただけじゃないのか?特に怒りを全面に出して意味も無く怒ったり、尊敬する人物を罵倒したりしないじゃない?それに素直で居たいって思う事自体普通じゃない?ちゃんと感情をコントロールして察しているじゃない?なに馬鹿な事言ってるの?」と逆に笑われしまった。その時僕も思わす笑ってしまった。

 確かに冷静に考えるとストーカー行為をした訳じゃないし、空想癖はあるがそれを愚見化してどうのこうのってのは考えた事がないなあ。考えるだけでも恐ろしい事である。虚偽で自分を取り繕うこともしない。僕は嘘をつくのが苦手なのだ。だって僕の嘘はバレバレだもんね。我は強いけどどっかで折れてるし(^_^;)人に依存ったって誰かに助言して欲しいとかそんなの誰でもあるしなあ。人間臭さを表現として使うのはそれはただそう有りたいだけ。

 今日の態度を素直に同僚にメールで謝ったら、返答が「こちらのほうこそ言い過ぎた」と返答が返って来た。そりゃ言う方は辛いよな。それを僕は病気なんじゃないか?なんて考えるのは本当に甘ちゃんである。反省(>_<)

 僕の病名は「馬鹿」だな。きっと医者はそう診断するだろうな。笑えるなカルテにドイツ語で馬鹿って書かれていたら(笑)きっと害はないからほっときゃ治るな。

 
[PR]
by torrows | 2006-10-28 02:36 | ライフ