スティッカムにてネットラジオ「torrows in the night !」を毎週土日21時から24時まで放送中!


by torrows
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
f0093622_1911294.jpg


いやはや快挙というべきか、今日決勝の行われるイギリスグランプリで昨日の予選でフェラーリ勢を押さえてマクラーレンのルイス ハミルトンがポールポジションを獲得した。

グランプリ消滅が噂されているイギリスなだけに、次期ワールドチャンピオン候補に彼の名前が挙がってこうして母国主催のグランプリで快挙を成し遂げるのは喜ばしい事だろう。

 今F1界で最も注目されているルーキードライバーであるハミルトン。このグランプリを優勝する勇姿を見せて欲しい。
[PR]
# by torrows | 2007-07-08 19:17 | F1
 一日目の夜は息が白くなる程寒かった。日中は汗が出る位なのに。大陸気候の厳しさを見に感じ、僕は就寝した。しかし何故か汗びっしょり。そして目が覚めると食卓から朝食の匂いがした。
 うーん朝かと思い、まだベッドでうつらうつらしていると何やら人の気配が。

 そこにはKOSHIBE家の長女AYAKAがそこに居たのだ。くすくす笑いながら僕の寝顔を覗き込んでいる。僕はおどけたように大きく目を見開き「おはよ〜!!」と彼女を驚かせる。

 平和な日本人家庭の朝食はアメリカでも変わらない。AYAKAは学校に行く支度をしながら大好物のワッフルを頬張りミルクで流し込む。KOSHIBE氏はリビングのソファで新聞を読んでいる。テレビでは早口なキャスターが今日の天気予報を報じていて窓の外は太陽がさんさんと輝く。エアコンなど要らないこの国の気候の朝は本当に清々しい。ニュージャージー州ティーネックの朝はこうして始まった。
 僕はトーストとコーンプレークを頂き、KOSHIBE氏のバンに乗り、一路マンハッタンを目指すことになった。

 KOSHIBE氏が家を構えるこのニュージャージー州のティーネックとはマンハッタンからハドソン川の向こうでエジソンの故郷。野球の発祥の地としても有名で、ニューヨークに隣接している為ベッドタウンとしても活気のある街である。
 のどかな川の流れとグリーンが映えるこの街は、何処でもバスケや野球に興じる人々の姿がある。
f0093622_159683.gif

 KOSHIBE氏のバンはリンカーントンネルを行き、トンネルの出口を抜けるとそこにはニューヨークの中心街42丁目の交差点が目の前に広がった。ここはタイムズスクゥエアと呼ばれ映画館や劇場、飲食店やバスターミナルがある。ここは言わず知れた「世界一有名な交差点」である。バンは南下してダウンタウンを目指す。

 バンが止まったのはニューヨークの23丁目。ダウンタウンと呼ばれるこの一帯は、移住区や商店が立ち並ぶ。少し道を外れるとチャイナタウンやリトルイタリーといった、コミュニティ街がある。KOSHIBE氏はここにある日本料理店の内装工事仕事でここまで来た。すると「ここから地下鉄に乗ってウォーストリートまで行ってらっしゃい」と言われ、僕はそこで観光する事にした。

 しばらく道をアベニュー沿いに歩いた。目の前の状景は日曜の朝という事もあり、人が歩いておらず、散らかったゴミが風に流されて地下の給湯管から湯気が立ち籠める。それは紛れも無くニューヨークの状景そのものだった。そして小便臭い。
 地下鉄の入口が見えて来た。そこにはCANAL stという駅名が記されている。(23丁目から結構歩いた)

 しかしその地下鉄の雰囲気といったら怖いとしか言いようが無い。薄暗いブースは牢屋のようで水が滴り落ちるその状景は昔ゲームセンターにあったカプコンの”ファイナルファイト”を思わせるもので日曜の誰もいない朝の地下鉄。かなりビビりながら脚を進めた。

 ニューヨークの地下鉄は切符の代わりにトークンという小さなコインを買う。これは一つ1.5$で買えて、何処まで行っても一律料金というものだ。僕はチケットブースでone tookun preseと笑顔でそう言った。すると........

ブース内の黒人のねーちゃんが「先に金を出せ!」とマイクを使っていきなり怒鳴り始めた!「ぎゃあ〜助けて!」と言わんばかりに$2差し出すと、ブースのねえちゃんは投げつけるようにジャリン!!と25セントを2枚受け取り口に放り投げる。マジで殺されるかと思った。

 改札を抜けてホームに着くがやはり誰もいない。そこにはWaitingAriaという所があり、そこは監視カメラが備わっており犯罪が起きないようにするという所だった。

 はっきりいってめちゃくちゃ怖い。日本の鉄道事情とは全然違うと肌で感じた。しばらくするともの凄い轟音を轟かせてホームに列車が滑り込む。ドアの開くタイミングも必要以上に早く開き、バンッ!!という音を出して開く。もはやドアが開くだけでも恐怖であった。

 プラスティック製のイスに腰掛けて電車に揺られるのだが、乗り合わせた乗客がターバンを巻いたインド人の紳士......ここは一体どーなってるんだ?という感想を抱くくらいニューヨーク一日目は不思議と恐怖の連続だった。電車はウォール街を目指す。  続く!
[PR]
# by torrows | 2007-07-08 14:31 | NEW YORK
 全て自己中心的に物事を捕らえ、他人の言う事に耳を貸さない。自分の懐だけを考えて行動するから、よって周りは敵ばかり。中間管理職はそれを中和させる嫌な役ばかりをさせられ本当に可哀想だ。

 実はこれが僕が3日前まで在籍していた会社の現状だ。そして赤字規模をウン千万という状態でもはや縮小の一途を辿り成す術が無いという状態だ。それを以下管理職のせいにし、自分は現場の状態もろくすっぽ知らないくせに自分の妄想であーでもないこーでもないを繰り返す。

 自分のワンマン体制が蒔いた種なのにそれを全て他人のせいにして自分はぎゃーぎゃーキチガイのように喚くだけ。

 入社当時は都合の良い話しばかりを繰り返していたが蓋をあけてみれば銀行から借り入れが出来ないくらい信用の無い会社だったのだ。

 この会社で働いている人間は家庭を持ち、それぞれの生活があるのにこの経営者のワンマンな方針で動かされている訳で、本当に悲惨だしこんな会社は社会悪だ。

 僕はまだ新人でこれからという所で整理解雇に遭ってしまった。まあこんな会社にこれ以上の用は無いのでそれほど気にしていないが。しかし僕が世話になった上司や同僚はもっと悲惨な訳で。

 体育会系の馬鹿な会社だったな。人権なんて何処にも無いし、へこへこしている人間が一番気に入られるし。馬鹿な同僚の失態に毎日悩まされていた。

 本当の意味でリーダーシップを取れる人間が会社所帯を持つべきで、ただ金があるとかお山の大将になりたいだけで社員を募集し組織を作るということはとても危険で迷惑な話しなのだ。

 こんな会社はザラなんだろうなあ〜次の仕事を探す事になる訳なんだけど、本当に安心して働けるような所は何処にも無い。
[PR]
# by torrows | 2007-07-05 02:59 | 社会面

テレビが見れる○◯

 最近ではワンセグケータイとかテレビチューナー内蔵のパソコンとかテレビが見れるカーナビとかがヒット商品になっている。何処でもテレビが見れる。というのがとにかく多い。

 しかしながら日本人って本当にテレビが好きで、僕から言わせるとテレビはテレビで見ればいーでしょ?って思う。わざわざパソコンで見る必要性も無いし、ましてケータイで外で見れたってなあ〜と思う。

 結局情報の全てをテレビで補おうとする傾向ってすっごいあるなあ。いい加減気付けよ。今の放送されているテレビ番組って胡散臭いものばかりだし。

 で、パソコン買っても結局テレビ。頭悪いよな。最初からテレビ買えばいーだろ(笑)発想が10ネ年以上前のセガのゲームギアのテレビチューナーと発想が変わらない気がする。(ちなみに僕が小学生の頃持っていた)

 でもパソコンに着いている場合だったらハードディスクに番組を録画出来るってのは美味しいかも。そういう使い方だったら便利で良いだろうなあ。

 でもパソコン買っても情報源はテレビ放送......。発想が保守的だし乏しいと思う。
[PR]
# by torrows | 2007-06-22 00:11 | 社会面
 今週ZARDのボーカルの坂井泉水さんが病院の階段から転落し死亡するという事件が起きた。

 ZARDといえば僕らの年代だと丁度中学生くらいの頃流行った歌手で、とりわけファンというわけではないが、やはりこの手のニューズは悲しい。

 「負けないで」が大ヒットし、90年代のニューミュージックを代表する一曲の一つだと思う。

 あえてメディアの露出を控え、ミステリアスな雰囲気で売り出す手法は他の歌手には無く、逆手のプロモーションをした人だ。今の倉木麻衣に通じる物があるな。

 しかし生前明かされなかった年齢にびっくり。40歳だったとは。しかしヒットしたのがかれこれ15年前くらいだからまあおかしくは無いが、イメージからはかけ離れた実年齢である。

 何でも癌で闘病していたらしく、事件の不自然さから自殺説も飛び交っている。

 「負けないで」このフレーズに助けられた人もたくさん居るだろう。

 90年代の心の応援歌を歌った坂井泉水さん。心からご冥福をお祈りします。
[PR]
# by torrows | 2007-05-30 00:25 | 社会面

高校野球

 いきなりだが僕は高校野球が嫌いだ。名門校の入学を目指して地域性のない生徒が地方の高校に勉強ではなく野球をするために入学してその裏にはカネ。それを黙認していた高野連のジジィ達。

 言っちゃナンだけど最近の騒動はホント馬鹿げた茶番にしか見えない。高校生を食い物にしているジジィ達の中心の考えでそれに振り回される高校生個人は本当に可哀想だ。

 そんで、馬鹿丸出しの体育会系の学校の生徒って公共マナーも最低だし終いにゃ不祥事起こしてみたり、そんな馬鹿な組織と頭丸坊主のホルモンバランス偏ったような気持ち悪い高校生見てやれ青春の甲子園だの言っている輩の気が知れない。

 ピッチャーの球のスピードとか打球の飛距離とか見てもドーピングとかやっているんだろうな。だから太った猫みたいな体つきだしオカマみたいな声だし。

 大学野球みたいに地方自治体でリーグ戦にしたらどうだろう?アマチュアスポーツとしてもっと個人が頑張れるようにして欲しい。
[PR]
# by torrows | 2007-05-20 10:12 | 社会面
 もう8年前になるのだが、僕はニューヨークに2ヶ月間滞在した事がある。あの経験が僕の世界観を変えるターニングポイントだったと思う。
f0093622_14121592.jpg

 1999年、当時僕は20歳で学生だった。父の友人がニューヨークで暮らしているので、そこに世話になってこいと、電波少年的に飛行機に乗せられ僕はニューヨークへと旅立った。

 勿論飛行機に乗るのも始めて。航空会社はコンチネンタルエアラインというアメリカの航空機に乗った。離陸と着陸が他の航空会社よりスリリングらしく、隣の老夫婦が「こんな怖い飛行機乗ったのは始めてだよ」と笑っていた。何でも空軍出身のパイロットが多いらしく、アクロバットなフライトで有名らしい。機内食もとても美味しくて、こんな感じだったら現地の食事も大丈夫そうだな。と思った。そして13時間のフライトの末、僕はニュージャージー州のニューアーク空港に降り立った。

 13時間のフライト。機内の客室乗務員との英語でのコミュニケーション。美味しいアメリカの料理やスナック。全てが始めての経験で、そしてもう一つの始めての経験が「入国審査」であった。

 僕は列に並び、順番を待つ。横の列のカウンターでは日本人女性が大声を上げて税関の人と大げんかをしている。不安がよぎる。僕は入国出来るのか?

 間もなく僕の番に廻った。カウンターには大柄な白人男性の税関が待ち構える。低い声で僕に「passport prese」と。

 何もやましい事はないのだが、ちょっと慌ててパスポートを出した。次にアメリカに入国する目的を聞かれ、滞在期間を聞かれた。

 僕は平静を取り戻しそれを英語で答え、もう終わりかな?と思っていた時、彼が帰りのチケットを見せろ。と言って来たのだ。

 僕はその英語が理解出来ず、何を提示していいのか解らなかった。tiketという単語は解ったのだが何のチケットか解らない。そして彼は僕に分かり易いように簡単な英緒でこう話した。go home.

 「......は?!帰れ?!うそ〜!ここまで来たのに!」緊張と動揺でちゃんと人の話しを聞かないうちに僕は日本語でこう叫んでしまった(笑)そして数分立ち往生。

 しかし税関の男性はゲラゲラ笑いながらどこかへ電話をしている。「おいおい!何処に電話繋げているんだよ!このまま強制連行か!?」しかし何となく話しのニュアンスで解ったのだ。帰りのチケットを見せれば良いのか?帰りの航空券を見せてようやくビザスタンプを押してもらいゲートをくぐる事が出来た。ふ〜やれやれ。

 税関の男性は「hahaha! SAYONARA baby!」と言って手を振っている。くっそ〜完全に嘗められてる(笑)いつかお前に文句言える位英語が使えるようになってやる!覚えとけ!と負け惜しみを言いつつ空港を出た。

 入口には父の友人のKOSHIBE氏が待っており、挨拶を交わしクルマに乗り込んだ。時間は夕方。広大なアメリカの道路を一路ニュージャージー州内にあるKOSHIBE氏の家に向かう。そしてKOHIBE氏の家族と対対面した。
 僕と同い年のJINとGEN。そして当時10歳の女の子のAYAKA、KOSHIBE氏の奥様と犬のMOMOが迎えてくれた。僕は人見知りしない性格なので直ぐにKOSHIBEファミリーを打ち解ける事が出来た。

 夕食を済ませ、あとは寝るだけか?と思いきや、これから映画館に一緒に行くとのこと。映画はショーンコネリーが主演しているエンプラットメントだった。
 しかしここでも言葉の問題が生じ、ポップコーンとコーラを注文した所、一番大きいサイズが来てしまった。これが8$45¢。高けえ。
 字幕無しの映画(当たり前だが)を観て、映画館を出るととても寒く、5月だというのに息が白くなる。夕方は温かかったのに。ようやく眠りに着いたのだが、何故か汗びっしょり。始めての場所で緊張の連続だったからだろうな。こうしてニューヨーク一日目が終わった。続く!

 
[PR]
# by torrows | 2007-04-30 12:55 | NEW YORK

ワーズワースの冒険。

 1994年から1997年にかけてフジテレビで放送されていたワースワーズの冒険という番組を覚えているだろうか?
 
f0093622_18413825.jpg


 僕が高校生の頃やっていた番組で、好きで毎週観ていた。内容は古今東西の大人っぽい趣味の世界やヨーロッパの生活や日本の隠れ家的なスポットを紹介したり、旅をして様々なライフスタイルに触れるという感じだった。(もっといろんな内容でやっていたと思うが)

 特に好きだったのがヨーロッパの特集で、フランス パリでのお洒落なライフスタイルや南フランスの美味しい料理を特集したり、イタリアの男は伊達に決めるなんてのも面白かった。今ジローラモがちょい悪なんてやっているけどもう10年も前にそんなのはこの番組でやっていた。

 特徴としては一つのテーマを定めてその事についてマニアックに解説する。究極のピザを求めてローマへ。なんて感じで古今東西のピザを紹介。エスプレッソのコーヒーの美味しい飲み方とか、イタリアの特集が多かったと思うがとにかくそれを観てヨーロッパの雑学を勉強したものだ。

 映像もキレイでヨーロッパが大好きだった僕にとってはいい番組だったな。ためになるし面白いし。

 また昔は良かったになってしまうが、やはり今のテレビはこういうインテリジェンス的な所も欠けていると思う。番組を観て感動したり世界が広くなったりというテーマの番組が少ない。

 ワーズワースの冒険は今CS放送でオンエアされているらしい。F1中継も質が高いらしいし、フジテレビ737に入りたいなあ。
[PR]
# by torrows | 2007-04-25 18:57 | テレビ

MR2 続き

 さて宮ヶ瀬でひょんなことからMR2を貰い受けた僕。その後無事自動車免許を取り、陸運事務所でナンバーを取得。保険にも加入し、じゃじゃ馬と若葉マークのカーライプが始まる。

 しかし自動車の運転も初心者で、ステアリングは重ステ、ちょっと踏むと吹け上がるアクセル。重いクラッチ。交差点ではトルクがモリモリ聞いてブレイク寸前。数キロ走るだけでぐったり。エンストの連続でとにかく疲れるクルマであった。

 そして免許取得1週間目で道志道を走ってキャンプに行く事に、隣にバイトの後輩を乗せてそれはそれはスリリングだった。勿論荷物なんかも乗らないので、クルマを持って来る人数の内に入らなかった(笑)

 憧れの西湘バイパスを走ったが、道路のつなぎ目がスピードを増す度にドンッ!ドンッ!っとステアリングに伝わる。もう綺麗な海どころではなかった。追い越し車線からトラックに抜かれる始末。

 しかし月日が経つに連れ慣れてくる、始めてクルマでお台場までデートした時は本当に嬉しかったし、宮ヶ瀬を力一杯アクセル踏んで攻める事にも夢中になっていた。

 他のスポーツカーに比べたら遅いし、荷物は載らない、2人しか乗れない、雨漏りはする不便なクルマだが僕はこのMR2にずっと乗っていたいとその時は思っていた。

 女の子に振られて帰ってくる時も一緒だし、仕事で辛い事があってもステアリングを握っている。いつでもMR2は僕と一緒だった。武勇伝は奥多摩で崖から落ちそうになった事や、あのくそ狭い室内でカーセックスまでしたってのが未だに語り継がれている(笑)

 しかしもう7年目のMR2。僕はこのクルマを手放すのかも知れない。
[PR]
# by torrows | 2007-04-24 13:27 | クルマ

MR2

さて、皆さんはどんな物に青春を感じるのであろうか?僕は一台のクルマである。

随分前に「初恋のクルマはロードスター」なる記事を書いたが、やはり初恋って実らないもので僕の始めてのクルマは初代MR2というとんでもないじゃじゃ馬だった。

 高校生くらいになるとクルマなんかにみんな興味を持ち始める時期で、当時の僕もロードスターが欲しくて欲しくてしょうがなかった時期があった。で、友達とクルマ雑誌を本屋で立ち読みしていると一つの記事が目に留まった。その内容は「初代MR2は初心者は乗るべからず。死ぬ」とまで書いてあったのだ。

 重量級のハイパワースポーツカーが全盛の時代で古いスタイリング、ロードスターとは毛色の違う、ちょい悪な出で立ちのコンパクトスポーツカーは何となくそそられる物があった。しかし友人と「これは止めようね」と笑いながら話していた。

 それから4年後僕も免許を取りに教習所に通っていた。やはり欲しいのはロードスター。友達は18歳でとっくに免許を取っていて走り屋デビューをしていたのだが僕は教習所に通っていたのが21歳と遅かったのだ。そして仮免中に忘れもしないあの事件が起こる........。

 友人のAE92レビンで厚木の某峠まで走りに行った時だった。勿論僕は助手席なのだが。

 友人と頂上のパーキングで缶コーヒーを飲んでいると向かいに一台のクルマが。見慣れないスタイリングの....そうあのちょい悪なオーラを醸し出すあの初代MR2がそこに居たのだ。しかもこのクルマで走っている人はとても珍しい。早速話しかけてみる事にした。

 「かっこいいクルマですねえ〜」と僕が一言。するとMR2のオーナーが僕に「おい?それ本気で言ってる?」と。僕は返って失礼な事言ったかな?と思っていたらそのオーナーが話しを続ける。「このクルマ貰ってよ」    「......はあ?」ちょっとヤバい人に話しかけてしまったかな?と思っていたら、「じつはさあ今日はこのクルマを貰ってくれる人を捜しにここまで来たんだよ」と。

 話しを聞くとそのオーナーはMR2が大好きで中古で購入したのだが、自宅の駐車場の関係で泣く泣く手放さなければならないという事だった。しかし捨てるのは勿体ないし、乗ってくれる人がいたらな。という事だったのだ。

 しかし僕は仮免中、家にクルマを止めるスペースも無い。それもあの悪名高いMR2。高校生の頃読んだ「MR2は初心者は乗るべからず。死ぬ」という記事が頭をよぎる.....。しかし3分後僕の口から出た答え。「.....このクルマ。下さい」

 僕は仮免中にクルマを手に入れてしまったのだ!しかも見ず知らずの人から(笑)その後名義変更を自分でやり、車庫は祖父の家のスペースを借り、無事クルマを手に入れたのだ。まだ免許が無かったので友人がハンドルを握り、ドライブに連れて行ってくれた。西湘バイパスを抜け海風を切るように疾走し、箱根の山を元気良く駆け抜ける。僕も免許を取ったらここを自分の運転で走りたい。たちまちMR2の虜になった。 続く!


 
[PR]
# by torrows | 2007-04-18 23:27 | クルマ

mac commuity in mixy

さて、いよいよミクシィにてコミュニティを開設!!その名もmac community!
f0093622_2204088.jpg
 しかしそれ程マックのプロって訳じゃ無いからどんな事を書いて公開しようかお悩み中(^_^;)よし!アイルランド恭介に助けてもらおう(笑)

 ともかくマックユーザーの方が様々な情報交換が出来るコミュニティにしたいと思う。そしてichatでオフ会ミーティングなんで出来たら良いなあ〜。これぞマックのコミュニケーションって感じの物をみんなでやりたいと思います♪

 みんな参加してくれ〜♪
ミクシィでtorrowsと検索!
[PR]
# by torrows | 2007-04-13 02:21 | mac community

ユビピタス時代

 さて、このtorrowsのガレージを読んでいらっしゃる方はパソコンか携帯でご覧頂いているであろう。つまりは少なからずネットを利用している人たちである。

 インターネットって全ての人が同じサイズで利用している訳ではは無くてケータイで音楽をダウンロードする範囲で利用している人やネットで商売をしている人も居れば、それはさまざまだと思う。

 しかしこれだけワイドに展開されてるインターネット。その便利さの裏側には思わぬ落とし穴や詐欺、提供側の良いお客さんになってしまうという側面もある。

 最近良く耳にするユビピタス時代という言葉である。パソコンいらずでケータイで何んでも出来る。そんな便利な世の中が訪れる。という政策で、どんな人でも簡単にというのがコンセプトらしい。しかし今のケータイ事情をふまえてそれはどうなのだろうと考えてしまう。

 まずはケータイでウェブを利用するときの料金である。はっきりいって高い。どれだけ利用したかはパケット料で換算し、意味も無く画質を上げたりして一度の閲覧料をぼったくるように徴収する。最近はウェブ定額なんてあるが、大した情報もないくせに¥3800程度の月掛け料金が掛かる。これじゃあプロバイダ並みの料金じゃん。って思う。冷静に見ると通話料金より高くついているのでは?と思う。僕に言わせるとケータイのパケット定額なんて¥1000くらいだろ?と考える。つまりは費用対効果の問題。

 最近見た記事でケータイでフルブラウザを海外で利用し、定額の対象外である事を知らず、使いまくってなんと100万円近い利用料をケータイキャリアから請求された。なんて馬鹿げたニュースがあった。しかしこれも自己責任。

 ケータイで配信されているウェブの内容って暇つぶし的なコンテンツが殆どだと思うし、世界中のサイトをワールドワイドに....って程では無い。だけど料金はプロバイダ並み。

 話しは飛ぶが、地元のバーで友人と呑んでいる時、隣の客がネットで儲けないか?と持ちかけられた。内容はケータイコンテンツを管理して広告費をバックで貰えるという内容だった。
 しかし説明用のパンフをみてげんなり.....どこにでもあるような着メロのダウンロードサイトで真新しいアイディアなんてこれぽっちも無い。それを新しい時代だのユビピタスだの喚いて大いばり。馬鹿じゃないのか?この人。と思った。
 しかも酷いのが、そのサイトを友達にメールで広める事で収益になるなどというスタイルでマルチ商法みたいなお粗末な内容。勿論そんな馬鹿なものは断った。

 利用料金やそういったマルチ商法みたいな物がまかり通ってしまうケータイのインターネットってどーも好きになれない。しかし最近は若年層のパソコン離れを肌で感じる。

 世の中がIT,ITって言う程パソコン使える人が少ないような気がする。丁度僕たちより5歳か10歳離れている人間と話すとマックとウィンドウズの区別がつかないなんてこともザラである。

 最初に触れたが人それぞれのネットのサイズがある訳で、この記事はケータイでインターネットをやる事を否定している訳では無い。むしろそれで事が足りるならそれでオッケイな訳で、全ての人がパソコンを所有する必要はないと思う。
 しかし、無知なのを良い事に料金をボッたりインチキ商法を広める輩がいたりと便利なものについて少し考える必要がありそうだ。

 以前、ソフトバンクについて記事を書いたが、ケータイは誰でも持っている時代を良い事に客を馬鹿にしたようなビジネス展開をケータイキャリアはしていると思う。だけど選ぶ巾が3社しか無く、しぶしぶ使っている。若しくは気付かずそれを使っているという現状は決して良い事では無い。

 便利で、誰でも使えて、簡単で、という事は素晴らしい事だと僕は思う。が、もう少し考える必要があると思う。
[PR]
# by torrows | 2007-04-10 02:18 | 社会面

マレーシアGP

 オーストラリアから場所を換え、F1サーカスは南アジアシリーズへ。昨日マレーシアGPが行われた。しかし東南アジアでF1やるなんて数年前では考えられなかったな。さてレースのプレビューを。
f0093622_14224574.jpg

 予選ではフェッリッペマッサがポールポジション。2番手には去年のチャンピオンのアロンソ。二列目は3番手ライコネン4番手はミルトンと、今回もフロントロー、セカンドローともフェラーリとマクラーレンが占める形に、今回はこの4台が熾烈な優勝争いを展開する。

 スタートではマッサが遅れを取ってアロンソから以下3台が入れ替わる形となり、アロンソがトップにさらにハミルトンが2番手。マクラーレンの二台が1-2。フェラーリの2台が遅れを取ってしまった。

 やはり黒人であるハミルトンはこういった暑さなどにも強いのかな?と黒人としては始めてのドライバーであるハミルトンの潜在的な身体能力に注目していたが、レースの後半熱さでバテた(笑)いくら黒人でもアジアの蒸し暑さは応えるんだろうなあ。欧州育ちだし。

 ここはレース経験に物を言わせて後方からライコネンがじりじりとハミルトンを追い上げる。ファイナルラップには8秒あった差も0.8秒まで追い上げられた。

 しかしここでチェッカー。ハミルトンはデビュー2戦目にして2位表彰台と前回のメルボルンから連続表彰台。アロンソは一人勝ちで、そのまま1位でチェッカー。今回は上位4位までが熾烈な争いを展開し、マレーシアGPを盛り上げた。

 ポールからスタートしたマッサは残念5位。前回から地味〜に4位をキープしているBMWのハイドフェルド。ウィリアムズのロズベルグは決勝では6番手をキープしていたが、残念42週でリタイヤ。

 やはり決勝レースはタイヤのルールなどもそうだが、予選の順位をキープするのが難しそう。で予選すら遅いチームはもっと下位まで落ちてしまう。トヨタはトップ10以内でのスタートではあったがその後順位を落としてラルフシューマッハーは予選8番手から15位までダウン。去年まで元気だったチームが中盤または後半に押しやられている所を見ると、今年のルールやライバルチームとの力の差がレースをより難しいものしているのであろう。

 今はフェラーリとマクラーレンの一騎打ちという感じではあるが、ヨーロッパラウンドからどうなるのか?ルノーやトヨタだってこのままであるとは思えないし、特にBMWのハイドフェルドの存在がキーになるかも?今年の一番不気味な存在だと思う。ウィリアムズだって去年とはひと味違ったチームになっているだろうし、とにかく見所が沢山ある。

 次はバーレーンGP砂漠のサーキットでどんな展開になるか楽しみである。
[PR]
# by torrows | 2007-04-09 14:23 | F1

今年のF1中継。

 ここ数年、フジテレビのやり方が嫌いだった僕。メインのキャスターに全くF1に無知なアイドルを使って、レース中に頓珍漢な質問やコメントでコメンタリーブースを混乱させたり、空気の読めない馬鹿な現役ドライバーがピットレポートやって番組進行を妨げたり。特に去年の日本GPが一番最悪で本当に酷い放送だと思った。

 そういう人間をF1中継に出す意図としては、より多くの人にF1を認知して欲しいとのフジテレビ側の意向でやっていたらしいが、やはり苦情が多かったらしく今年からそういった演出が無くなった。

 しかし、良くなったかというとそれ程でもない気がする。ただ地味になったって感じでそれほど斬新な事をしているとは思えない。(片山右京氏の解説は相変わらず過激なので好きだが)

 NHKの大相撲の解説にデーモン小暮氏を迎えるくらいの新しい事をして欲しいのだが、いかんせん日本ってモータースポーツに対する認知って遅れているのよねえ。そういう人はなかなか居ない。

 ってことはやはりアナリストみたいな人が喋るのが一番良いって事かも知れないなあ。と、なるとやはりマニア向けになってしまう?うーむ。

 個人的に好きなのは96年に解説を勤めたドリフトキングこと土屋圭一氏の解説が面白かったなあ〜(笑)すっごい滅茶苦茶で、終いには元CG編集長の熊倉繁春氏に怒られていたのが印象的だった。

 番組中に「何やってるんだよ〜!」とか「抑えろよ(ぶつけちゃえ)」とかすごい過激だった。しかし現役ドライバーの視点ってそんな感じなんだろうな。ぶつけても前に行かせないくらいの気迫でステアリングを握っている訳で。しかしジャーナリストである熊倉氏はそんな世界を知らない訳で。ジャーナリストとドライバーの温度差みたいな所が面白かったと思う。

 とりあえず邪魔者が居なくなった今年のF1中継。フジテレビもっと頑張って♪


 
[PR]
# by torrows | 2007-04-06 18:10 | F1
 昨日、プロ野球が開幕し、横浜スタジアムに行って来た。話題の多い今年のプロ野球。さーて今年の開幕はどーなるやら♪
f0093622_17535677.jpg

 地元の開幕ともなって横浜スタジアムは超満員!殆どがブルーの横浜ファンやっぱりホームでの試合は良いなあ〜。開幕セレモニーにはあのうさんくさい親父みのもんたが出て来てプレイボールは18:15となった。
f0093622_17541844.jpg

 しかし今年のベイスターズ駄目だなあ....先発の三浦が初球を高橋に打たれて何と先頭打者ホームラン.....。超満員のスタンドはドン引き。その回の裏の攻撃で1点返したが、その後も三浦の甘い球をゴンザレスと李にホームランを打たれて3対2。後続のピッチャーは頑張ったけど打線が打てずそのままゲームセット。

 投打の噛み合ない試合展開にイライラ。しかも読売に負けるってのは本当に悔しい。やっぱり打てないと勝てないのよね。だって読売の点は全部シングルホームランで3点でしょ?ちゃんと打線が繋がれば逆転できるじゃん。読売はホームランが出ないと勝てないチームってのは今年も同じだな。たったの1点なんだし。

 昨日はなかなか会えない友人達が横浜スタジアムに集まったから、まあ楽しかったから良いかな?

 頑張れ横浜ベイスターズ!
[PR]
# by torrows | 2007-03-30 17:52 | スポーツ
 先日ケータイをノキアN73に買い替えた。N73についてはまた今度の記事でプレビューを書こう。
f0093622_0311720.jpg

※注(このショップの画像は今回行ったソフトバンクショップとは関係ありません。)

 6680に買い替えてから丸一年経ったので新しい端末が欲しくなった。で、近所のソフトバンクに行きケータイを物色。ケータイに付いているプライスは¥0。しかしそんな訳は無いのは判っていたので月々いくら払うのかな?と思い店員に聞いてみた。するととんでもない金額を提示。本体自体は¥60,000!!しょえ〜キャリア縛りがあってこんなに高いの?さらに説明を受ける。

 「端末はこのような金額になる訳ですが、2年間換えずに使用すると、2万になります。」と店員。

.......げえここまで縛るのかよ。なーにが¥0だよ馬鹿にしてるなあ。と思った。ちっとも¥0じゃねーよ。何だか詐欺みたいだな。(もともと端末が¥0なんて期待していた訳ではないが)勿論2年経たない内に解約したり機種交換した場合、元の¥60000となりその金額を月々分割で払うのだと言う。

 もっと酷いのは料金設定。今までのボーダフォンのサービスは受けられない(メール¥800定額などメールが多い僕にとって嬉しいサービス)とか、強制的にウェブ定額にさせられたり、殆どソフトバンクの言いなり。ぜんぜん自分の使い鷹にピッタリなプランが立てられない。

 そんで笑えたのが、10円あたりの通話時間など良く表記されている訳だが、普通1分あたりで表記するでしょ?ソフトバンクについては30秒単位で表記されていた。これじゃあ見せかけだけの詐欺だよ。肝心な事は小さく書いて半分嘘みたいなことばっかり書いてさ。

 たまたま受付で友達と同席して説明を受けていたのだが、「ねえ?通話料何だかんだ高くねぇ?どーすりゃいーの?」なんて話していたら友人は「うーん早口で喋る。だな」

 アホか!俺は夏木ゆたかか!?元を正せばあの孫社長とかいうハゲが悪いんだ。ハッタリばっかりで中身が無い、この詐欺師!客を馬鹿にしやがって!○◯公!!ハゲバンク!!ハーゲ!ハーゲ!!
f0093622_0275758.jpg
 泣く泣く友人は2年間の縛りを受けて東芝の最新機種を購入。僕はノキアN73を購入。何が起きてもこの端末を2年間使い切らなくてはいけない。あ〜あ。まあ今更他のキャリアにしたって何の意味も無いしなあ〜。ウェルコムって方法もあったけどノキアが欲しいんじゃ〜。

 ケータイキャリアなんてもうこの程度なのかもな。客は馬鹿みたいに従うし、アホみたいにケータイのブラウザで馬鹿みたいなサイト見て喜んでいるんだからね。着メロとかもうどーでも良いよ。ってかそんなのもう飽きたし。

 あと半年くらいで潰れないかな?ソフトバンク。で、また外資系のキャリアになって欲しい。

 こうなったらskypeだな。家に居るときは完全にskypeオンリーで。
[PR]
# by torrows | 2007-03-28 00:20 | ノキア

オーストラリアGP

 
f0093622_125853.jpg

やれやれ、仕事が忙しく、なかなかオーストラリアGPのプレビューを書けなかった。もうレースの結果はみんなご存知だとは思うので、オーストラリアGPを通じて今年のシーズンを占ってみよう。

 今年の開幕戦は前評判通りの結果だったというか、時期チャンピオンの噂があったフェラーリのキミライコネンがポールトゥウィンという結果だった。去年のチャンピオン、フェルナンドアロンソは2位表彰台という好成績で、移籍したマクラーレンでも速いというのが実証出来た。

 鳴り物入りの大型新人のルイスハミルトンもデビュー線で、予選4番手、決勝は3位表彰台と素晴らしい結果を出した。トップ3は前評判通りの速さでこの三人が表彰台に立つという結果になった。

 番狂わせというと、BMWが思ったより速い。ニックハイドフェルドは予選では3番手。しかし決勝では残念な事にポジションを4番手に落として表彰台を逃してしまう。
 去年の最下位チームスーパーアグリは驚異的な成長を遂げて、佐藤琢磨が予選では第3ピリオドまで駒を進め、トップ10にグリッドを並べるという快挙だった。

 今年からタイヤがブリヂストンのワンメイク。決勝では二種類のタイヤを使わなくてはいけないという新ルールで、ブリヂストンに慣れていないチーム、タイヤの選択に苦しむチームなど、タイヤのチョイスやセッティングに悩むチームが下位に沈んでいるというが印象的だった。

 驚異的な速さを見せたスーパーアグリだが、風当たりは強い。他のチームから「SA07はホンダのパクリじゃないのか?」という声が多く、特にスパイカーがスーパーアグリに対してバッシングしているという。しかし鈴木亜久里代表は「負け犬の遠吠え」と非難を一蹴。まあスーパーアグリに関しては資金が良いんだろうな。あとなんだかんだ言ってホンダの後ろだてがあるから他の下位チームに比べて有利なのは明らか。今年は有利なった立場でもっと上位を狙って欲しい。

 予選で3位をマークしたBMWもスーパーアグリもそうなのだが予選で一発を出すポテンシャルがるチームは沢山ある訳だが、BMWは決勝で表彰台を逃したり、スーパーアグリは決勝で10位から14位までポジションを落とすなどを見ると。今年の決勝レースは難しいのではないかと思う。ソフトタイヤとハードタイヤを使わなくちゃいけないなどタイヤの作戦もそうだが、ピットロードの制限速度も80Kmまで落ちていたりとピットのロスタイムなどが順位に大きく影響するのかも。ハミルトンも2番手をピット中にアロンソに奪われたからね。

ただ速いだけでは勝てない。チームやドライバーのストラデジーに注目して見ると今年は面白いかもしれない。そうなると?クルマもドライバーもタイヤも全てマッチしているのはやはりフェラーリ?さて次はバーレーンGP。各チームがどんな作戦で行くのか楽しみである。
[PR]
# by torrows | 2007-03-26 12:05 | F1
 今日の東スポを読んでびっくり!!東京都の渋谷区にある明治神宮の境内にゴム人間が出没!参拝客が気がついて撮影した。という記事が一面だった。
f0093622_2340874.jpg

 ゴム人間の容姿は、頭がナマコかゼリーのようになっており、ぷるぷるしているらしい。妖怪なのか異星人なのか判らないのだが、どっちにせよ未確認の謎の生物である事は間違いが無い。

 今回の、ゴム人間明治神宮参拝の目撃が始めてでは無く、世界各国からゴミ人間の目撃情報が寄せられている。

 俳優の石坂浩二氏はこのゴム人間を3回目撃している、と真顔で証言。謎の生物体は我々の生活しているすぐそこに居るかもしれないのだ!

 今回の東スポのスクープを受け、我々torrowsのガレージも、ゴム人間を追う事にした。この記事を読んで”私はゴム人間を見ました!”という人は是機、情報をお寄せ下さい!!
[PR]
# by torrows | 2007-03-15 23:40 | ゴム人間
 いよいよF1グランプリが開幕する。開幕戦は南半球オーストラリアから。今年のシーズンを予想してみよう。

 今年はシューマッハー不在の中、優勝候補のドライバーの多くがチームを移籍するなど、ワールドチャンピオンシップが誰の手に渡るかという予想が難しいシーズンと言える。

 昨年のワールドチャンピオンであるフェルナンドアロンソはルノーから名門マクラーレンに。世界中からの評価が高いキミライコネンはマクラーレンからシューマッハーのポストであるフェラーリのシートに。
f0093622_1736228.jpg
f0093622_17371797.jpg
 単純に予想される事であるがドライバーとマシンの相性とかチーム内情とかでその年のシーズンが決まってしまう。さて、ワールドチャンピオンを受け入れたマクラーレンはどうなのだろう?

 ライコネンが移籍したフェラーリも強かったのはシューマッハー在籍していたからっていう事もあっただろうし、ライコネンが移籍して必ずしも強さを維持出来るとも言いがたい。

 では中盤チームはどうだろう?ホンダはやはりあまり良く無いらしくバトンがチャンピオンを取るのは難しいだろう。トヨタは年々力を出して来ているが、チャンピオン候補としては上がっては来ない。
f0093622_17383186.jpg
 これは個人的な予想なのだが、ルノーの2台が怖いかも知れない。北欧の新人ドライバー。コバライネンなんてのも未知数だし、フィジケラだって判らない。ルノーチームは去年までスポンサーだったマイルドセブンをブランド所有する日本タバコともパートナーシップが切れたが、新しいスポンサーカラーをいち早くマシンにペイントしている。

 フラビオブリアトーレの新人発掘力も目を見張る物が有り、今回のコバライネンの起用も期待出来る。 

 今年の優勝争いはルノー、フェラーリ、マクラーレンの三つ巴か?皇帝不在の中、今週週末にいよいよ開幕!あー楽しみだ(^_^)

 
[PR]
# by torrows | 2007-03-14 17:34 | F1
一応このサイトを管理するものとして閲覧される方にお願いがあります。

☆ここは2ちゃんねるではありません。
 各記事には皆様の声を幅広く伺えるよう、自由にコメントできるようにしています。しかしこのコメント欄もアクセスした全ての人が見られるようにもなっています。あまりに横柄な書き込みや趣旨と違った書き込みをされても閲覧される方の気分を害します。

 ここは2ちゃんねるなどの投書欄とは違います。適切かつ健全な内容と文章でコメントをして頂くようお願い致します。インターネットは何でもアリと思われがちですが、その中でも最低限のマナーを守って楽しいガレージに。

☆あくまでここは個人のサイトです。当方の偏見を交えて記事を公開しています。
 記事の内容としては事実に基づいた内容に当方の偏見を交えて書いています。ですのでそれが正解か不正解かという議論の場ではありません。もし、当方の書き込みに気分を悪くされたり事実とは異なる内容などが書かれていた場合はご意見をお寄せください。内容によっては記事を削除し、報告された方には何らかの形で謝罪いたします。


 なぜこのような記事を書いたかというと、おかげさまで1500件のアクセスをしていただきまして様々な方のアクセスがされるようになり、当方のサイトとは違った趣旨の方も閲覧、投稿されるようになったからです。

 ミクシィによるサイトの広告を出した効果だと思いますが、よって様々な方がこのサイトを見ています。あまり乱暴な言葉や一個人を抽象するような書き込みはご遠慮願います。

 さて、F1シーズンもいよいよ始まります!今後も力を入れて頑張って行きますので、引き続きtorrowsのガレージをお楽しみください!    ガレージ長 マサート
[PR]
# by torrows | 2007-03-13 13:06
 これは画期的!imacのminiDVIポートからアナログ変換アダプタを接続して大型の液晶テレビに接続出来た!イメージはこんな感じ。
f0093622_1618361.jpg

 こうするだけでPCの操作も大型ディスプレィで出来るのは勿論、最大の魅力はマックに入っている動画を映画館さながらの迫力で見れるってこと。操作は手元のリモコンだけでOK!

 今回使用したアダプターはアップルストアやヨドバシカメラなんかでも購入出来る。mini-DVI to VGD Adapter。値段は¥2,500。それに15ピンのアナログケーブルが必要だ。
 この接続をすると最近発表されたappleTVさながらの機能を得る事が出来る。デゥアルディスプレイって所も何かカッコいいし、本当に部屋のオーディオはマック一台で何でもこなせるようになってしまう。今後はテレビチューナーを導入して番組を録画して楽しもうかな?
|
f0093622_16262893.jpg

 以上torrowsのガレージ、ハードウェア実験室からでした!
[PR]
# by torrows | 2007-03-12 16:08 | マック
最近知ったブログにあったのだが、初代マッキントッシュのボディにmacminiの基盤を載せてカラーディスプレイに入れ替えたモデルが。
 もちろん正規のアップル製品では無い、いわゆる改造品だがこれはカッコいいなあ〜。
 このマッキントッシュを見ると昔の映画とか思い出すな。書斎にベージュのマックがあったりしてインテリ感があるデザインだね。子供の頃憧れたマックが最新のOSで使えるなんて♪良いなあ。
f0093622_1014299.jpg


 価格は16万程度らしいけどお金に余裕が出来たら是非欲しい一台である。
[PR]
# by torrows | 2007-03-12 10:02 | マック
さて、僕のコンピュータが新しくなったので紹介を。先月いよいよインテルの入ったマックに移行した。マシンはApple imac intel core duo 2,0G。
f0093622_19462944.jpg

当初は17インチより20インチのモデルが欲しかったんだけど値段が高かったので17インチに抑えた。しかしこのコンピュータまじまじと見ると本当にシンプルでカッコいい!

 脇のラックに色々ごちゃごちゃあるのだが、実質のコンピュータはこれだけ。大きい筐体もわさわさしたケーブルも存在しないやっぱり一体型って良いね。初代マッキントッシュがそうだったようにimacはシンプルでインテリアの一部になるような。そんな所が魅力なんだろうな。必要なものはこれ一台に集約されていて使うときも電源は一つ。立ち上げると綺麗なディプレイが華やかに彩られ先進の機能をすぐ楽しめる。
f0093622_19484071.jpg

 インターフェイスはこんな感じ。今後はRUNケーブルもキーボードもワイヤレス化を狙っているのでここは殆ど空になるかもな。miniDVIの端子も付いているので隣の大型テレビに接続も出来るし。見た目より色々取り付ける巾が広いのが特徴だ。
f0093622_19494515.jpg
 残念なのがあと付けのモニターアームに17インチが対応していないって事!G5までは対応するアダプターがあるのだが、インテル版については24インチだけ。

 あとimacは拡張性が無いね。自分で開けられるのは下のメモリーの所だけ。それ以外はサポート対象外となってしまう。

 これからパソコンを使いたい人だったら絶対お勧めのマシンだね。難しい操作や難しい接続は一切無いし、とりあえずRUNケーブル挿して、USBケーブルにキーボードとマウス付ければ一丁上がり。後はインターネットから配信されるエンターテイメントを楽しめば良い。

 ilifeが同封されているのでアプリケーションを使って自分のしたい事が直ぐ出来る♪僕も元々パソコン音痴だったので、マックは本当に使い易いし分かり易い。

 まあ仕事柄ウィンドウズ使わなきゃいけない人だったら無縁だろうと思うけどデジタル環境を自由に出来る人だったらマックの方がウィルス対策とかしなくて良いからお金が掛からないし、アプリケーションソフトも安価で手に入るからウィンドウズより安く済むよね。

 マイクロソフトは今年WindowsXPからVistaに移行したから、新しいのは、今買いなのか止めておくべきかといろいろジレンマがあるだろうし、今後の事とか色々考えてしまうとウィンドウズってややこしくて手が出ないよね。

 今回のimacはWindowsのOSもインストール出来るのでまあツブシは利くからマック初挑戦の人もある意味安心かも。僕も必要に迫られたらするかも知れないけど(多分入れないけどね)
f0093622_1950407.jpg
ipodを筆頭にコンピュータ端末以外のデジタル家電がアップル社製の物が増える事も予想されるし、画期的なアイディアを形にするアップル社の端末は今後もっと増える事だろう。
[PR]
# by torrows | 2007-03-10 19:30 | マック

Baby i like

廃盤になった倉木麻衣の全米デビュー作「Baby i like」をヤフオクで購入した。聴いてみたがサウンドがしっとりしたR&Bサウンドが独特で、これを16歳で歌っていたんだなと今更ながら驚いた。
f0093622_23593663.jpg


 これが出た時は空前のR&Bブームの時代で、言わずと知れた宇多田ヒカルを筆頭に、女性ボーカルのR&Bサウンドが席巻した時代で、倉木麻衣もその時代に出て来た歌手の一人である。

 このCDを出した直後に国内レーベルとしてはデビュー曲になる「Day aftar tomorrow」をリリース。ラジオから火がついたという、まさに実力派路線のデビューだったと記憶する。

 僕も始めて倉木麻衣の曲を聴いたのはFMヨコハマで流れているのを聴いたと思うのだが、透き通るような声と、リズム感の高いサウンドは、これは流行るだろうなあ〜と思い、聴いていた。

 何処となく坂本龍一のような雰囲気で、独創性があるというか、歌を聴いているだけと、何かのマネみたいな印象を受けなかったのだが、宇多田ヒカルのパクリ騒動がデビュー直後に勃発したのだ。歌だけ聴いたときは思わなかったが、始めてテレビで見たときは「あーこれはマネだな」と思った位そっくりだった。

 その後セールスを伸ばし、リリースする歌はその疑似性を増し、「売れれば何でもするんだなあ」と思った。商業主義丸出しのプロモーションは共感は持てなかったが、歌だけ聴いているとそんなに気にならなかったので、世間が騒ぐ程バッシング的な立場で捕らえていなかったな。

 しかしライブでの歌唱力の無さとか、マスコミに取り上げられるのは父親のスキャンダルとかモノマネ疑惑とか、プロモーション一つでここまで悪い印象を世間に与えてしまうんだなと思ったね。だって普通に出ていればここまで叩かれなかった訳でしょ?まあデビューしたのも若過ぎたし、歌唱力がついていかないのも無理無いよなあ。ライブ映像では見ていられない程苦しそうに歌うし、か細い声がどんどんフェードアウトする様はよくある二流歌手の光景その物だったと思う。しかしCDで聴く限りでは、他の歌手には無い雰囲気が有り、間違えがなければきっと凄い歌手になれるんだろうなあと思っていた。

 その後にリリースした「reach for the sky」辺りから独自の路線になったんだろうな、アレは誰かのマネみたいな雰囲気では無かったし、当時この曲を主題歌としたNHKの朝の連続ドラマ小説にもぴったりだったし、宇多田ヒカルとは全く違う歌手になれたんだと思う。あの頃くらいからそういうバッシングも無くなったしね。

 その後はその年のアルバムにテーマみたいな物が付いてくるようになって、60年代のグループサウンズだったり、ロックした80年代サウンドだったり。R&Bに留まらず様々なジャンルや年代にチャレンジする倉木麻衣は他の歌手には無い楽曲のグローバル性みたいな要素もあって素晴らしいと思う。歌詞もメッセージ性が強く、倉木麻衣のメッセージは切なかったり、元気が出たり、近年あまり見られない「心に残る詩を歌う歌手」だと思う。

 ファッションも80年代のアメリカの女の子っぽかったり、長いスカートで清楚な雰囲気の時もあったりして、一見地味目な印象があ彼女だが何となく惹かれるんだよね。最近のライブ映像を見る限りでは大分声が続くようになったみたいだし、歌手として少しづつ成長して行く彼女を見るのもまた励みになる。

 バッシング騒動やスキャンダルなどからここまで飛躍し、現在までヒットを飛ばす倉木麻衣は芯が強い歌手だと思うし、心に残る歌を歌う数少ない歌手として、これからもどんどん頑張って欲しいと思う。
[PR]
# by torrows | 2007-03-02 23:57 | 音楽、映画
 アメリカの歌手、ブリトニースピアーズが最近自分で頭を丸めたり、と奇妙な行動が報道されている。
f0093622_1144835.jpg

 で、ついにリハビリ施設に入所するという所まで来たらしい。あー何だか可哀想だな。個人としてはアイドル路線まっしぐらみたいなスタンスが好きで良くブリトニーの曲は聴いていた。
 しかしいつからかセクシー路線なんて感じで売り出してどっかの音楽プロデューサー(だったかな?)と結婚してそれから全く聴かなくなっていた。

 なんでも離婚して音楽の方もパッとしなかったらしい。で、最近はブリトニーの奇妙な行動がゴシップ誌で報道されているばかりらしい。ノーパン写真とかそんな下世話なものばかり。

 離婚、ゴシップ記事の圧力。普通の精神ではもう耐えられない所まで来ていたんだろうな。アメリカのショービジネスの闇みたいな出来事だと思う。

 子供の頃からステージママの影響で舞台に立ち、歌を歌っていたらしく、歌唱力があったから子供の頃から働かされていたんだろな。そういう部分からもストレスってあるだろうし。

 かの大スター、マイケルジャクソンも同じような傾向だったな。常人では理解しがたい行動を取るので、噂が尾ひれを引いてどんどん本人を包囲するようになり、最終的には犯罪者扱いを受けて訴えられてしまう。原告側も相手が金があるのを知っているので、でっち上げでどんどん世論を巻き込んで、金をふんだくる行動を取る。

 ブリトニーは幸いそういう事にはなっていないが中年になったら怖いな。未成年にイタズラみたいな事にならなきゃ良いけど。

 何だかアメリカで大スターになる人ってこういう人多いなあ。貧困から這い上がるみたいな気持ちが強すぎるのか、教育よりアメリカンドリームの方が大事。人格より金みたいな部分がそういう悲劇を産むのだと思う。
[PR]
# by torrows | 2007-02-22 01:15 | 社会面

Nokia E61

f0093622_2126650.jpg


simフリー版が発売されているが、ソフトバンクのキャリアからもいよいよE61が発売される。

やっぱこういう端末が良いよねえ。ノキアらしいというか、日本離れしたデザインというか。しかし最近ではアップルから出るiphoneってののがノキアの対抗馬。しかし日本の販売がかなり遅れるらしく、アップルのこういったポータブルの端末は壊れ易いから、やっぱりノキアだな。
f0093622_21263582.jpg

 無線LANにも対応しているのでAir macでも買おうかな?最近やっとインテルマックに移行!このimacについては次の記事で書くが、デジタルライフの新しい時代の予感♪

f0093622_2127873.jpg


 さあ、今年もmac&nokiaで楽しんじゃおう♪
[PR]
# by torrows | 2007-02-13 21:23 | ノキア

倉木麻衣 Season of love

倉木麻衣が2月14日にニューシングル「Season of love」をリリースする。
f0093622_1533963.jpg

 何か10チャンネルでやっているミステリードラマの主題歌らしいけど、倉木麻衣ってそういうタイアップとか上手いよね。シングルでリリースされる楽曲は必ず何かのテーマソングになっているし、でも決して大きな話題にならないあたりも良いな。

 知らない間に結構耳にするメロディ、みたいな。
[PR]
# by torrows | 2007-02-01 01:54 | 音楽、映画

給食。

 僕らの代なら誰でも口にしたであろう給食。パンはぼそぼそ。ご飯に牛乳みたいなメチャメチャな食い合わせ。中学校からお弁当だったので小学校しか給食を食べなかったのだが、未だに給食はまずい!というイメージしか無い。学校で馬鹿そうな奴が何度もおかわりしているのを見てなんでこんなものそんなに食えるんだ?と疑問に感じていた。まあ元々食は細い方だったのだが。

 しかしこんな安い金額の給食費を払わない親が激増しているという。理由は払いたく無いから。親が子供に対して食育の為、自分の作った料理しか食わせないとかいう方針ならうなずけるが、義務教育の過程で給食費を払うのはおかしいという理由らしい。端から見たらはあ?って感じだよな。

 ここまで自分のへ理屈を正当化して言い張る親が居るんだと思うと本当に理解出来ない。だって給食費払えないなんて昔のギャグ漫画の世界だし、プライドあんの?って感じだ。払わない子供には食べさせなきゃ良いな。そのほうが平等だし、社会のルールみたになのが身に付くと思う。先生はこう言えば良い。「お前は単純に金を払わないから食べれないんだよ」と。

 子供は惨めだろうな。で払わない家庭の子供はお弁当持たせれば言い訳で。そうしたらそんな小学生並みのへ理屈言っている馬鹿な親達は黙ってそれに従うだろう。ヘタに食べさせたりするから悪い訳で。

 
[PR]
# by torrows | 2007-01-28 22:28
 F1でのビッグスポンサーといえばタバコ広告というのが今までの常識だが、それは年々失われつつある。

 タバコのパッケージをそのままクルマにペイントしたようなデザインで、銘柄ごとにカラフルなマシンがサーキットを埋め尽くしていた物である。

 マールボロを筆頭にジダンブロンドやゴロワースなどのフランス系タバコ。キャメル、マイルドセブンなどがビッグマネーを引っさげてチームやドライバーを金銭的にサポートしてきた。

 しかし青少年に対する悪影響や喫煙が問題になっている国や地域ではタバコの広告を禁止するなどタバコの広告は宣伝の場を追われる一方。遂に2007年ではタバコの広告はフェラーリをサポートするマールボロのブランドを所有するフィリップモーリス社の1社だけになってしまった。

 同社はタバコ以外で所有するシリアルフードや飲料水のブランドに変更して広告を続けるなどの対策を練っているらしい。

 最近多く見るのがT系や清涼飲料や酒造メーカーなどだ。でも微妙なのが酒造メーカーで、クルマとお酒を組み合わせるってのはどーだろ?ヨーロッパでは飲酒運転がかなり問題になっているみたいだし。マルティニやジョニーウォーカーなどが今はスポンサーをしているが。

 今後はITが多くなるだろうな。
[PR]
# by torrows | 2007-01-27 23:28 | F1
 F1の名門チーム、マクラーレンの創設者であるブルースマクラーレンの自伝映画がハリウッドで撮影されるらしい。

 マクラーレンはF1ファンのみならず誰でも知っているチームだろう。過去にアランプロストやアイルトンセナ、ミカハッキネンなど日本でもおなじみのF1ドライバーがワールドチャンピオンになっているあのチームである。

 ドライバーからレーシングチームを創設した人物で、一時代の栄華を築いたそのサクセスストーリーを映画にするという趣きである。

 で、気になるキャスティングが、ブルースマクラーレンに扮するのが超が付くあの大スター、トムクルーズに抜擢されるのでは?という話しがある。その理由としては遺族が生前のブルースにトムがそっくりだという理由かららしい(本当かな?)

 しかしトムクルーズに出す出演料が膨大な金額になることが予想されていて実現するかはまだ未定との事。だけどマクラーレンだったらお金あるっしょ?

 まあ映画が出来たら見てみたいな。60年代のF1なんて見た事が無いし興味があるなあ。偉人の自伝は大好きなので今から楽しみ♪
[PR]
# by torrows | 2007-01-24 00:18 | F1