スティッカムにてネットラジオ「torrows in the night !」を毎週土日21時から24時まで放送中!


by torrows
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2006年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ミハエル2

 さて、F1も18レース終わり。チャンピオンもアロンソに決まり全て終了した。この一年のシーズンを締めくくるブラジルGPのミハエルシューマッハーをクローズアップしてこの記事を書きたい。
f0093622_0545040.jpg
 僕はあの9週目のシューマッハーがスローダウンする所が一番心に刺さった。フィジケラをすごいドライビングでパスした瞬間。突然シューマッハーのフェラーリが挙動を乱す。すると次々と抜かれて行くあの瞬間。「ああ....」という声が聞こえて来そうなオンボードカメラの映像は悲しくもあり、新しい時代の現れでもあり、無情なこの世界でシューマッハーが始めて見せた人間の悲しみみたいな光景だった。

 原因は他のクルマが落としたパーツを拾いタイヤがバーストのである。痛めた足を引きずるようにピットに戻り新しいタイヤに履き替えてまた再スタートした。「諦めない」そんな声が聞こえてくるようだった。

 最後尾にまわったシューマッハーは、もの凄い速さで追い上げを見せる。しかしギアボックスのトラブルなのかエンジンのトラブルなのか、時折スローダウンをする。しかしミハエルは諦めない。そして4位までポジションを上げる。

 しかしファイナルラップに差し掛かった時はもうトップ3は揺らぐ事は無い。そのままトップでチェッカーをチームメイトのマッサが受け、2位でチェッカーを受けたアロンソはここでワールドチャンピオンを決めた。

 シューマッハーは最後のレースを4位完走で終わった。サイボーグシューマッハーは完璧でなく最後に見せた人間臭さ。それを見た僕は胸がいっぱいになった。

 マンセルもプロストも速かったが弱点はあった。が、シューマッハーはそれが無くまさにサイボーグのように勝ち続けた。しかしあのシューマッハーが、ミスもするしレース展開を動かす事も出来ない。

 最後にマッサが表彰台に上るとき円満の笑みをこぼしマッサを讃え抱擁する姿にはサイボーグのような姿は無く、優しさで胸がいっぱいのミハエルの姿だった。
f0093622_0553951.jpg
 この2006年は様々なドラマがあり、僕はこのミハエルの優しい笑顔が一番心に残るF1での出来事だった。自分はワールドチャンピオンを逃し、今年で引退なのに。一番悲しいのはシューマッハー本人なのに。最高の笑顔で相手を讃える。

 
感動をありがとう。深紅の皇帝。もとい、優しいミハエル。

 僕もあんな笑顔が出来る男になりたい。
[PR]
by torrows | 2006-10-30 00:43 | F1

BPD障害

 最近グログにトラックバックされた記事を読んだ。その記事の中に境界性パーソナリティ障害という記事を見つけた。

 書いてる内容は起伏の激しい人間性などを必要以上に出し孤立を意味も無く感じ、他人に依存するという病気だと書いてあった。僕はひょっとしたらこの病気にかかってるのではとマジで感じてしまった。僕は精神病なのか?」とますますダウナーになる一方。特徴は以下に記述。

1.人に捨てられるという不安が極端に強い。
2.対人関係が両極端に振れる。
3.感情が非常に不安定。
4.虚無感をいつも感じている。
5.強い怒りを持ち、それをコントロール出来ない。
6.妄想観念が生じたり、強い解離性障害

 という内容だった。この病気は女性に良くある症状らしく原因は様々で過去に性的虐待受けた事によって起こるなどが前例で挙げられるらしい。

こんな事も書いてあった。

 上記の6つに該当する人がいたら、ほとんどBPD患者だと言って間違いないと思う。具体的に言えば、1の「人に捨てられるという不安が極端に強い」というのは、一種の被害妄想で、相手は何も他意が無いのに、一方的に見捨てられると思い込み、その結果、相手に対してしがみつくような行動・言動に走り、時にはストーカー行為に走ってしまうこともある。

 2の「対人関係が両極端に振れる」は、当初は尊敬していているが、ほんの少しでも欠点が見えてしまうと、そればかりが大きく支配され、手のひらを返したように侮辱したり軽蔑する行動・言動に走る。

 3の「感情が非常に不安定」と5の「強い怒りを持ち、それをコントロール出来ない」は、明らかに第三者が見ても不自然な感情の変化が起こる。それは不安感・イライラにより、他人から見て意味の無い焦燥感から、怒りが爆発し、喧嘩や口論を繰り返すのだ。

 4の「虚無感をいつも感じている」について述べると、職場で自分だけが仕事をしていない、自分だけ仲間はずれにされている等の妄想に取り付けれてしまって、自分の仕事・立場・組織への帰属ができないので、明らかに浮いていて溶け込めない存在になっている。この障害の人は、いつも空虚感・離人感・退屈感を感じ続けてきている。

 以上のような感じだ。BPD患者は絶えず誰かに依存している。しかし、依存された方は非常に大きな心理的負担がかかった状態になる。依存された側が病気になったり、治療をしていた医師が自殺に追い込まれたり、BPD患者は時には大きな脅威となるのだ。

 BPD患者は、結局は自分の我を通すのだ。依存された人間の人格や環境は関係ない。全て依存された方が悪いと決め付け、勝手に作られた戯言を周りに吹聴する。こうなると最悪だ。医者に診てもらえと言っても、自分は正常な人間と思い込んでいるので、周りの意見には耳を傾けない。まして別の第三者に対し、受けが良い場合もある。

 これを見て一気にダウンした。それで仲の良い友達に相談した。するとこんな答えが。
「マサトはただセンシィティブに考えて気持ちが一杯になっただけじゃないのか?特に怒りを全面に出して意味も無く怒ったり、尊敬する人物を罵倒したりしないじゃない?それに素直で居たいって思う事自体普通じゃない?ちゃんと感情をコントロールして察しているじゃない?なに馬鹿な事言ってるの?」と逆に笑われしまった。その時僕も思わす笑ってしまった。

 確かに冷静に考えるとストーカー行為をした訳じゃないし、空想癖はあるがそれを愚見化してどうのこうのってのは考えた事がないなあ。考えるだけでも恐ろしい事である。虚偽で自分を取り繕うこともしない。僕は嘘をつくのが苦手なのだ。だって僕の嘘はバレバレだもんね。我は強いけどどっかで折れてるし(^_^;)人に依存ったって誰かに助言して欲しいとかそんなの誰でもあるしなあ。人間臭さを表現として使うのはそれはただそう有りたいだけ。

 今日の態度を素直に同僚にメールで謝ったら、返答が「こちらのほうこそ言い過ぎた」と返答が返って来た。そりゃ言う方は辛いよな。それを僕は病気なんじゃないか?なんて考えるのは本当に甘ちゃんである。反省(>_<)

 僕の病名は「馬鹿」だな。きっと医者はそう診断するだろうな。笑えるなカルテにドイツ語で馬鹿って書かれていたら(笑)きっと害はないからほっときゃ治るな。

 
[PR]
by torrows | 2006-10-28 02:36 | ライフ
 さて10,4tigerユーザーの皆様はきっと使っているであろうmightyマウス。良いですよねえ。このマウス。僕はこのマウスは今までのマウスで一番気に入っているマウスです。

 しかしあの中央に付いているあのクリクリ。動かないなんてことになった人は居ないだろうか?アップルに聞いてもやはり多いらしく今の所解決方法が無いらしい。そこで!マックハードウエア研究室torrowsのガレージとしてこの問題を体当たりで解決してしまいました〜♪

 まず、用意するのは中性洗剤を水で薄めた物か、CDクリーナー液みたいな物を吹きかけてころころ擦る。すると綿埃やら手垢やらがジャンジャン出て来ます。そんでちょっと強めに擦って何度もごしごしすると濁った水が出てくるのでどんどん落としてやりましょう。

 結局中は昔のボール型マウスと同じような構造だと推測する。よく転がる所にゴミが溜まって動きが渋ってるだけなのだ。だから固まった汚れを溶かして落とせば元通りに♪

 さあやってみよう。
[PR]
by torrows | 2006-10-26 17:36 | マック
 ナンバーポータリティ制度で顧客獲得でしのぎを削っているケータイキャリア3社。その中のソフトバンク(ボーダフォン)がとんでもない価格破壊を打ち出した。それは「ソフトバンク同士の通話とメールは無料!」という内容。すっごいなあ。

 今までは¥300程の定額料金を払って登録者同士で無料通話が出来る「ラブ定額」なるものがあったが(当方このサービスにお世話になることが無かった。とほほ...) 今回はキャリア同士であれば無条件で無料というすっごいサービスなのだ。

 でもここら辺も頭がいい孫社長。結局パック料金制なわけで必ずその分の料金は取れる訳でしょ?結局今までの料金とはそれほど変わらないのかも知れないが、しかしソフトバンクユーザーが友達に多い僕としては、パック料金を低くして使おうかな?と計画中。そしたら月の料金もこれでスッキリ♪

 さあ、僕の友人やその他の知人達よ!今すぐソフトバンクに乗り換えて無料で使おう!ドコモなんて結局ダメダメですぞ〜。今度ノキアもN73をリリースするぞ〜。番号そのままでソフトバンクにおいで♪
[PR]
by torrows | 2006-10-23 23:42 | ノキア

ブラジルGP

 今年の最終戦ブラジルグランプリが行われた。予選では母国グランンプリであるマッサがポール。これで2連続でポール獲得となる。そしてチャンピオンが掛かっているアロンソは4位からスタートする。今日で引退となるシューマッハーは10位グリッドからのスタート。

 オープニングラップは順位が大きく変動することもなくスタートし、アロンソはワールドチャンピオンに向けて自分のポジションをキープしながら走る。

 そして9週目にフィジケラをインフィールド区間でオーバーテイク。しかしその時ライン外に外れたシューマッハーはタイヤをバースト。次々と他のクルマに抜かれて最後尾となった。

 マッサは異次元の走りを見せて独走。2位以下は殆ど差がないペースでレースは続行される。17位後方からシューマッハーはマッサのタイムより速いペースでどんどんポジションを上げて素晴らしいオーバーテイクショーを見せる。しかし挙動がおかしく何度もスローダウンをするシーンが見られた。

 調子がおかしいクルマにも関わらずシューマッハーはマクラーレンのライコネンをすごい勢いでパス。いよいよ4位まで順位を上げる事に。

 そして1位でチェッカーを受けたのがマッサ。母国で優勝。ブラジル人ドライバーとして、セナ以来の13年振りの母国グランプリ優勝という快挙を成し遂げた。

 アロンソは2位でチェッカーを受けてワールドチャンピオンを決めた。シューマッハーを完全に負かせて。そしてホンダのエースのバトンが3位表彰台を取った。

 あの9週目に起きたシューマッハーのトラブルのシーンを見て考え深いものがあった。そして最後まで諦めないシューマッハーの姿を見て考えさせられた。この続きはまた次の記事で書こうと思う。

 ミハエルお疲れさま。ありがとう。アロンソおめでとう。ありがとう。
[PR]
by torrows | 2006-10-23 05:04 | F1

imac2度目のチャレンジ!

¥4,000でゲットしたimacがご臨終して返品。そして2度目のチャレンジでほぼ同型のimacを今日落札!
f0093622_22564283.jpg

 色はタンジェリンでこれもなかなかお洒落♪内容はpowerPC-G3/400mhz メモリーは360MB。ハードディスクは10G。という感じ。

 落札金額は¥7,600でまあまあ普通かな?メモリーが前回より大きいのでとりあえずオッケイということで。

 しかし今回のimac購入計画を手伝った訳だがやっぱり安いマシンを買ってアップデートするってのは賭けですな。何が起こるかわかりません。

 ただこんな使いかたが出来るってのもマックならでは。OSの規制が多くてソフトウェア自体も高いwindowsではこうは行かない。

 かなり無理がある計画なんだけど物理上可能な事だし、出来るだけ安く面白くするってのもこういう物の楽しみ方だね。
 
 さーて中古マックの楽しい世界!僕が楽しんじゃお♪(人のパソコンだと思ってやりたいほーだい)
[PR]
by torrows | 2006-10-22 22:57 | imacG3奮闘記
 昨日imacを買った同僚から一本の電話が。「画面がおかしくなった!」いきなりの大ダメージである。ああせっかく本人が色々やって苦労したのに。無念である。

 あのマックはあれこれしないとまともに使える代物ではなかったので所有者本人の苦労が浮かばれなくて本当に残念だ。まあこんなこともあるさ。

 オークションの出品者が理解してくれて商品は返品することが出来た。また新しいのを探すかね。でも手をかけたマシンってのは愛着が湧くので今回のimacは心に残る一台にしてあげたかったので結果としては残念である。
f0093622_22433199.jpg

 とりあえずもうちょっと良さそうなやつをピックアップ。このストロベリー色のマックはなかなか良くてこれで行こうかな?

  

 
[PR]
by torrows | 2006-10-18 22:41 | imacG3奮闘記

80年代

 今日同僚にtorrowsさんって80年代っぽいですよね?と言われた。普通だったらこれってダサいって意味なんだけど僕はブログ上でもちらちら書いている通り80年代の物が大好きなのだ。僕にとっては褒め言葉である。

 僕はやっぱり子供の頃見たグーニーズやバックトゥザフィーチャーなどの映画を観てすごい影響されている節がある。

 あのとき観た映画の主人公達はとても自由でおおらかでそれでいてエキサイティングな感じ。僕にはたまらないフィーリングがそこにあるのだ。

 音楽もやはりそのくらいの年代の物が好きで良く聴いてしまう。洋服なんかもアメリカのブランドが好きだったりして中でもトミーフィルフィガーなどのトラッドな感じとか、決して派手でないそれでタフなアメリカ物が大好きだったりする。クルマも88年製の初代MR2だしね〜♪

 マッキントッシュが好きなのもそれが影響しているかな?昔の映画を観ると書斎に小さなベージュのマッキントッシュがあったりして。

 パワフルでユーモアが今の時代より許された80年代が僕は大好きである。

 
 
[PR]
by torrows | 2006-10-18 22:28 | ライフ
 どんどん浮き彫りになるこういった事件。今度は教師の暴挙、暴言によって中学生が自殺するという事件が起きた。

 事件の中核についてはここでは語らないが僕はあの教師ってのが今でも嫌いで今でも忌まわしい記憶ばかりがある。

 僕のトラウマを一つ。僕がまだ小学生の頃、僕はどちらかと言うと小さい体で色が白い少年だった。今の所ルーツは不明だが何パーセントか外国人の血が流れているとらしく、僕は他の子より色が白いのだ。未だに色白で日に焼けても黒くならない。

 ある教師が僕にこう言ったのだ。「マサトは色が白いから駄目ね」と一言。あっけにとられた。

 「色が白いから駄目って何だ?」子供心にそう思った。同レベルの同級生に「色白」と言われても僕はそれほど感じなかったが大人の言葉でそれを駄目と言われたとき僕は、とてつもなく感情的になったのを覚えている。

 その教師が言いたかったのはきっと「外で遊べ」という意味だったのだろうが僕の家には4年生になるまでファミコンなんて無かったから遊ぶのはもっぱら外だった。野球をしたり虫を捕まえに行ったり遠くまで自転車で出かけたりと、他の子供と同じように遊んでいるのに何でこんな事を言われるのかな?とても悲しい想いだった。子供心に親には絶対言えなかったのを覚えている。

 しかし良い先生ってのもいて、僕に他の生徒に色が白いことをからかっていた所に、先生が肌の色で人を判断してはいけないと言ったのだ。そして当時南アフリカで起こっていたいたアパルトヘイトの話しをしてくれた記憶がある。

 しかし教師のレベルって今考えると本当に低レベルで、相手が子供だと思って筋の通らない事を平然とやったり、知識も無いのに大口叩いたりやりたい放題だな。中でも笑えるのが「ねえ?先生。バチカン市国ってどのくらいの面積なの?」って僕が社会の先生に聞いたとき、その教師は「.....あ.ああ。たしかこの中学校くらいしか無いんだよ」と答えたのだ。

 後で判ったのだが「嘘付け!東京ディズニーランドぐらいあるらしいじゃないか!?」

 結局公立の教師なんて所詮中間公務員(笑)って思うね。それが多感な中学生とか相手にして教育なんて事をやっているのだから笑える。結局自分の立場とか給料とか教師内の派閥とかそんなことばっかりやっている僕に取っては「つまらない大人像」の代表みたいなもんだ。

 何をやるにも協調性とか周りに合わせることしか教えない。事実のみを追求し、なんでそんな問題が起こったのか?と原因を解明しないまま、一人を悪者にして人格をねじ曲げかねない事を言ったり。

 高校野球とか見ていると本当に気持ち悪く時がある。馬鹿な大人に押さえ込まれて頭丸めて出来合いの感動を押し付けて、マスコミはそれに馬鹿みたいにそれを報道して。
 裏では後輩虐めてホルモンバランス偏った太ったネコみたいな体つきした奴が後輩のオカマ掘って。あ〜想像するだけでぞっとする。だから僕は集団行動とか大嫌いだ。

 近年今回の事件みたいな事が明るみに出たり、体育会系の学校が不祥事起こしたりしているが、こんなの氷山の一角に過ぎないだろう。

 人格をねじ曲げられたり、社会に適用出来なかったり、最悪自殺したり。制服着て同じ事みんなでやって、言動を制限して。そんな教育本当にこれからの時代に必要なのか?

 もっと生きるって事を教えてあげられないだろうか?
 

 
[PR]
by torrows | 2006-10-17 23:35 | 社会面
 うーむ。我ながら良い策略だった。G3プロセッサのimacに何の問題も無くOSX10,2がインストール出来た。

 とりあえずこの時代のブロードバンドにあったOSだからメールやってネットサーフィンやってitunesで音楽取り込んでっていう基本的な作業は出来るからこれで十分だな。

 確かitunes6だったら10,2,4からだったらダウンロード出来るし、ipod使うとかだったら問題ないだろう。

 本人もやっぱりOS9にはかなり難色を示していたな。しかし家に予備の10,2のCDロムがあったから良かったようなもので、OS9のままだったらきっとおざなりになっていたんだろうな。

 今は何だかフラッシュプレイヤーの取得に悪戦苦闘しているらしい。まあここら辺の作業プロセスを自分でやって解決しながらやればきっと応用も利くようになってだんだん理解出来るようになるんだろうな。何だか懐かしいなあ〜僕もそうやってパソコンを覚えた物だ。

 僕もエントリーユーザーの時は何も判らない所から始めたからけっこう苦労の連続だったな。頑張ってね。
[PR]
by torrows | 2006-10-16 15:04 | imacG3奮闘記