スティッカムにてネットラジオ「torrows in the night !」を毎週土日21時から24時まで放送中!


by torrows
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:スポーツ( 11 )

 昨日10月7日に神宮球場で行われた、東京ヤクルト対広島カープの試合で古田兼任監督の引退試合が行われた。
f0093622_14245416.jpg

 古田は2004年の1リーグ制への反対派として12球団の選手代表として現場の声が通らないNPBのジジィ共に猛抗議し、ボイコットという最悪な事態も辞さない覚悟でプロ野球の選手達を引っ張り、現在のプロ野球の活性化を選手という立場から起こした偉大な一選手と言えるだろう。
f0093622_14252590.jpg

 古田はトヨタ自動車の実業団からヤクルトへドラフトで入団、3人以上候補が居るヤクルトの正捕手の座を不動の物とし、90年代のヤクルト黄金期を作った一人でもある。キャッチャーであるが4番を打ち、守備ではゲームを造り、投手をリードする。そして大一番で打点を稼ぐ。打者としても素晴らしい結果を残すとともに、球界を代表するキャッチャーになったのだ。
 
 僕は横浜ベイスターズのファンなのだが、ヤクルト戦というのは何度も見て来た。97年首位をヤクルトがリードし、マジック点灯か?というところで、ベイスターズが盛夏の猛追撃!!にヤクルトに3連勝!3ゲーム差まで縮めて最後までヤクルトを苦しめた。その一週間後石井一久の横浜スタジアムで樹立したノーヒットノーランの試合。この試合が決めてとなり、ヤクルトの底力を見せつけ、ベイスターズは一歩及ばず、97年はヤクルトが優勝した。

 お隣のチームという事もあり、ヤクルトはベイスターズに取って好敵手と言える。そういう視点から見て、好きなチームの一つだ。

 数々の名勝負を僕はスタンドから見て来たが、その中心として活躍し、球界を襲ったピンチに真っ向から立ち向かったあの名捕手が引退する......。神宮球場の調子っ外れのトランペットの応援の中、古田のコールを聞く事はもう出来ないが、古田は引退挨拶の中で、「また会いましょう」と、ファンに監督復活宣言をさりげない一言で飾り、グランドを後にした。
f0093622_1426449.jpg

 90年代のヤクルトの黄金期を支え、2000年代は球界の政治的問題に向き合った古田選手。チームを超え、世代を超えて愛された古田の監督復活を僕も心待ちにしている。
f0093622_14262549.jpg

[PR]
by torrows | 2007-10-08 14:13 | スポーツ

横浜スタジアム。

 僕の好きな横浜ベイスターズの本拠地である、横浜スタジアム。このスタジアムも来年で30周年を迎える。
f0093622_11481518.jpg

この野球場は横浜のど真ん中に儲けられており、アクセスがとても良い。今の郊外型の新興球場とはここら辺が違う。都会派な野球場だ。横浜スタジアムが出来たのは1978年だが、その前身の歴史は古く、明治時代までさかのぼる。かつてはルーゲーリックやベーブルースもここでプレイしたのである。
 
 何度か改修工事が行われグラウンドも観客席も改善され近代的な雰囲気さえあるこの球場だが根本的な雰囲気は昔から変わらない。こ洒落た横浜の中心街にある収容定員3万もいかない愛らしい小さな野球場である。

 建物のデザインはまさに「モダン」という言葉がぴったりで、コロセウムのような円形の外観にグリーンが眩しい人工芝。三角形の照明スタンド。高い外野フェンスは横浜の海を思わせる目の覚めるようなマリンブルー。対照色であるオレンジで統一された観客席。

 始めてこの野球場を訪れた時は確か小学校5年生の時で、子供の目から見た横浜スタジアムはとても広くて大きな野球場だった。父が仕事の取引先からチケットを2枚もらって来てくれて連れていてもらった。

 しかし1989年当時のプロ野球は読売ジャイアンツ中心の野球界で、万年ブービーの大洋ホエールズのゲームのスタンドはガラガラ(笑)外野席も埋まらないほどであった。

 しかし、目の前で行われるプロ野球のゲームの凄さに圧巻された。大きな体の野球選手がグラウンド狭しとダイナミックなプレイを展開する。実際狭いグラウンドなのだが(笑)

 俊足の屋敷の走塁、高橋まさひろのセンス溢れる守備。マイヤーのフルスィング。相手チームの外国人投手の投げる150Kmオーバーのストレート。ファウルボールが飛んで来るかも知れない内野スタンド。テレビで見る野球中継には無い迫力がそこには有り、たちまち大洋ホエールズの虜になってしまった。「巨人は何か遠い存在だけどこんな身近に素晴らしい球団があるのか」と再認識した瞬間だった。

 横浜スタジアムで食べる崎陽軒のシュウマイ弁当は格別で、今でもスタジアムに行ったらこれ(笑)絶対外せないお弁当である。

 結局ホエールズはこの試合は負けてしまったのだが、痛烈に心に残る出来事だった。
[PR]
by torrows | 2007-08-16 12:08 | スポーツ
 昨日ぼーっとTVK(テレビ神奈川42チャンネル)を見ていたら高校野球の地区予選が始まっているらしく、その特集番組をやっていた。

 汗と青春の高校野球。ってばかやろ〜オカマとカネとデキレースだろって思いながら鼻くそホジホジしながら見ていた。

 しかしそこはTVK。とても地域密着型な番組作りをしていて特に公立高校の野球部に話題が集中していた。中には部員不足で他の部活から助っ人を呼んで試合に臨む高校もあったりと。

 でもカネにものを言わせて常勝チームが居たりしてやっぱり不公平だよなあ。これらをごっちゃにする方が何だかナンセンスな気がする。

 で、思ったんだけど私立の高校は地区リーグ製にして地域の優勝チームがトヨタカップみたいに争う形にして、公立高校のチームだけ甲子園へのトーナメント制にしたらどうだろう?

 公立高校の全国大会のレベルが低くなるというう事も有るかも知れないが?しかしそこはプレイヤーとチームの個性が出易くなると思うし、その方がレベルうんぬんより野球自体が面白くなるのでは?と思う。

 一方私立のチームのリーグ戦は全国レベルのすごいチームが出来て、ものすごうダイナミックな試合展開にすれば良い。バットも木のバットを使ってプロ野球さながらで、ドミニカから助っ人呼んで、開催地もその年その年で変えて。そしたらチケットも売れて興行収入も入るし、プロ野球の登竜門みたいな感じになって活性化するのでは?なんて勝手に想像してしまう。

 プロ野球選手になったら「高校野球出身」か「ハイスクールインターリーグ出身」か別れればキャラクターの違いが出て面白い気がする。

 
[PR]
by torrows | 2007-07-11 01:15 | スポーツ
 昨日、プロ野球が開幕し、横浜スタジアムに行って来た。話題の多い今年のプロ野球。さーて今年の開幕はどーなるやら♪
f0093622_17535677.jpg

 地元の開幕ともなって横浜スタジアムは超満員!殆どがブルーの横浜ファンやっぱりホームでの試合は良いなあ〜。開幕セレモニーにはあのうさんくさい親父みのもんたが出て来てプレイボールは18:15となった。
f0093622_17541844.jpg

 しかし今年のベイスターズ駄目だなあ....先発の三浦が初球を高橋に打たれて何と先頭打者ホームラン.....。超満員のスタンドはドン引き。その回の裏の攻撃で1点返したが、その後も三浦の甘い球をゴンザレスと李にホームランを打たれて3対2。後続のピッチャーは頑張ったけど打線が打てずそのままゲームセット。

 投打の噛み合ない試合展開にイライラ。しかも読売に負けるってのは本当に悔しい。やっぱり打てないと勝てないのよね。だって読売の点は全部シングルホームランで3点でしょ?ちゃんと打線が繋がれば逆転できるじゃん。読売はホームランが出ないと勝てないチームってのは今年も同じだな。たったの1点なんだし。

 昨日はなかなか会えない友人達が横浜スタジアムに集まったから、まあ楽しかったから良いかな?

 頑張れ横浜ベイスターズ!
[PR]
by torrows | 2007-03-30 17:52 | スポーツ

思い出の山

 今日よく高校生の頃、マウンテンバイクを走らせた厚木の奥にある山に行って来た。
f0093622_0533636.jpg

 正直体力的な問題とか色々不安でマウンテンバイクを購入後もこの山に入るのは躊躇していたのだがそろそろ慣れて来たので現地までクルマでバイクを運んで7〜8年振りに山を走った。

 最初はすっげ〜苦しい(>_<)しかし徐々にパワーを出して頂上を目指すにつれ脚も付いてくるようになって慣れて来たらすっげー楽しい♪

 頂上で折り返して今度は下り!スーパーエキサイティングダウンヒルになった!こ、こえ〜

走りきった時、こういう感触を忘れていたな〜と改めて実感。あ〜スッキリ♪
f0093622_054164.jpg

[PR]
by torrows | 2006-09-21 00:54 | スポーツ

マウンテンバイク

 僕はマウンテンバイクを高校生の頃から本格的にやっている。かれこれ10年以上前か。一時期バイクも盗まれたりして遠ざかっていたのだが、今年の正月に衝動で新車を購入!しかし時の流れとは恐ろしいものである。
 
f0093622_4254335.jpg

 手にいれた当初、ちょっとこいだだけでぜーぜー。息が上がるわ体は痛いわ。てんで話しにならなかった。
 一方マウンテンバイクは10年の月日を得て本当に進化した。サスペンションの動き、体のポジション、軽さ、シフト操作のクイックさ、全てを取っても素晴らしいの一言。これが今じゃ10万足らずで買えると思うとカルチャーショックである。これだけの性能だったら昔じゃ30万オーバーだ。

 そんな話しを昔からつるんでいる仲間に話したら何だかみんな急に”やる気”モード(笑)昔のバイクを無理矢理持って来て今日、みんなで河原で久しぶりに走らせることになった。
 しかしみんな日頃の運動不足がたたって案の定ぜーぜー(笑)バイクも古く、満足に走る事は出来なかったがすがすがしい時間を共にした。「こういうの懐かしいね〜」って。
f0093622_4264712.jpg
 それぞれのバイクを取り替えて走ってみて、まあ僕のは新車で設計が新しいので断然走り易いと好評だったが、昔のバイクも馬鹿にならない。軽くてペダルがこぎ易い、しっかりした作りのバイクで本当に良いものはやっぱ時間が経っても良いものだなあと痛感。

 みんな本格的再デビューを果たすということで、それぞれの復活計画の話しで盛り上がった。一人は子供と家のローンを抱えながらも奥さんを説得して29万もするキャノンデールを買うとか。一人はこれで十分。アップデートして今のフレームを活かすとか。
 そんな話しを永遠繰り返して、本当にマウンテンバイクに夢中だった10代に戻った気持ちになった。
 高校生の頃、制服姿でマウンテンバイクをもの凄い早さで走らせてジャンプしたりウイリーしているのが自分らしさなんだって、自分のマイノリティーを意識した切っ掛けである。
 これが無かったらきっともっと違う人生を送っていたかもしれない。 
f0093622_4284931.jpg

[PR]
by torrows | 2006-08-17 04:16 | スポーツ
 おっと、取り乱してしまった。当方横浜ベイスターズファンなのである。何故好きかというと、勝っても負けてもいつも全力♪大味な試合展開。スーパースターの存在などなど。とにかく小学生の頃から大好きで、休みの日には良く横浜スタジアムまで行ったものだ。
 先週友達に誘われ久しぶりに横浜スタジアムへ。しかしがっかりして帰ったな。負けはともかくあの不甲斐なさ、三浦は尻上がりに好投したのだが、ミスや打線の弱さで阪神に完全にやられた。
 今日も8回からどうしようもない連携プレイの後相手選手にすこーんとスタンドに持って行かれて2ラン。はあ....って感じだ。結果8対1なんだこりゃ?こんな試合ばっかだと本当に客がこなくなるぞ!勝っても負けてもやっぱり見せ場が欲しい。ため息の出るような試合じゃあお金を払って見る価値が無いと思う。
 ああ〜もっと足で引っ掻き回して、相手のピッチャーが目を回すようなベイスターズらしい試合が見たい。
[PR]
by torrows | 2006-08-13 21:15 | スポーツ

日本代表

 f0093622_13302773.jpg


みんなテレビに釘付けだったであろう、昨日のワールドカップ。僕は地元のパブでビールをどんどこ飲んでゲームを見た。
 今日本がナショナリティや国民性なんかを主張出来るのはもはやサッカーだけでありここぞとばかりにみんな盛り上がる。
 しかし、日本がこういうスポーツで世界に存在感を示せるようになったのは本当にここ数年であり、マネーだけじゃない、強い日本が世界にアピール出来る場があるのは本当に嬉しい。
 結果はオーストラリアに3-0で負け。クロアチアに0-0で引き分け。次のブラジル戦に勝たなくては決勝トーナメントには進めないという、まさに万事休すという場面に直面した。
 試合後の選手や監督のコメントが印象的で、ここまできたらもうやるしかない失う物は何も無い。そしてテレビのコメンテーターが「これがワールドカップ」と言ったのが最も印象的だった。
 甘くはない、これが世界なんだ、そんな所で戦っている選手達は本当に凄いやつらなんだって感動した。
 確かに勝敗も大事だが、応援している僕らはこんな世界を目の当たりにして何を感じたか?傍観者である僕たちはこれらの世界を見て何を感じるかが一番重要である。サッカー以外の今の日本はどうだ? 

 諦めてはいないか?立ち上がれるのか?命を賭けて戦えるか?失うのが怖くないか?

 こんな時代だからこそ、勝ち負けに関わらず、最後までカッコ良い日本人の姿を見せて欲しいと思う。 これだけ盛り上がっているがやはりまだまだ日本人の視野は狭いと思う。日本戦が終わった後にオーストラリア対ブラジルの試合をやっていたが馬鹿そうな女の子4人組ぐらいがブラジルを過剰なほど応援していたのが印象的だった。いつからブラジル人になったの?
 話しの内容を聞いているとやれロナウドがかっこいいだのカカがかっこいいだの、シュートが決まると日本が勝った時くらいの大歓声を上げていた。
 まあそれぞれの楽しみ方があるにしろ、ただ青いTシャツ着ていつまでも日本チャチャチャじゃ駄目だと思う。ましてや次の対戦相手をまるで自国のように応援しているのは馬鹿だ。
 今こそ日本代表の試合を見て、自分たちのポテンシャルを考えたり、世界感を拡げもっと日本を盛り上げて欲しい。
 僕が今大会で感じた事は「ロスタイム30秒で人間は何が出来るのか」である。それはまた次の機会に話そう。
[PR]
by torrows | 2006-06-19 13:19 | スポーツ

ワールドカップ

 いよいよ、ワールドカップが開幕した!昨日はテレビで開会式を見た。しかし演出が地味な印象があったな(笑)
 今回の開会式に過去の優勝メンバーが集まるという趣向があり、テレビの視点はマラドーナが来るのか来ないのかというところに集まった。
 しかしアルゼンチン元代表メンバーの列にマラドーナの姿は無く、何となくやっぱりなと思った。過去の栄光も薬物で壊し、こういう場でも負い目を見なければならない人生なんて本当に嫌だなと思う。
[PR]
by torrows | 2006-06-10 21:15 | スポーツ

捨て身になることで

 人間やはりリスクや怖いものに直面すると硬直するもので、逃げ出すか、我慢するかどちらかになる。それはある意味当然の行動結果だと思うが、しかし失うのを覚悟で捨て身の決断も時に必要になる。
 今までの生活で問題無いかも知れないがやはりその問題無い所を打ち壊して先に進まないと進歩が無いと思う。
 とても勇気がいることだと思うが、決断したその先に自分の望む未来があっても良いんじゃないかな?と思う。それをどれだけ信じる事が出来るか?そこなんだなと思うんだ。
 大分前の話しだがプロ野球が11球団になり1リーグ制になるという決断を球団の老人達が決めた。それを現場の立場でヤクルトの古田選手がそれに対して抗議。減棒覚悟で選手一同でそれに向き合った。試合をボイコットするなど最悪の場面にも直面したが、彼は好きな野球を休止してまでファンと選手を引っ張った。
 結果、NPBは新球団の介入を承諾。シーズン中にはセ、パ交流戦を行い、再びプロ野球は活性化された。
 選手一人の力がそれほどまでに時代を動かすというのは本当に偉大だし最近の口先だけのカリスマではなく、本当のカリスマなんだなと思う。
 個人レベルの事でもそれは言えると思う。自分が望む未来があって、そこにビジョンをしっかり持つ。それに向かって精一杯の努力をする。時には自分のつまらないプライドや、大したことない自分が積み重ねてきたことなんかも全部捨て去っても。
 失うことばかりでもないし、目先の自分を失っても望む未来の方がよっぽど素晴らしい宝物だから。
 未来は決して一方向に進んでる訳ではない。僕たちの望んでいる未来もあるのだから。
 
[PR]
by torrows | 2006-06-07 10:49 | スポーツ