スティッカムにてネットラジオ「torrows in the night !」を毎週土日21時から24時まで放送中!


by torrows
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フェルナンド アロンソ。マクラーレンを離脱。

 フェルナンド アロンソが所属するマクラーレンとの関わりが良好でないという理由で、1年残っている契約を解除し、チームを今年限りで離れるという。
f0093622_163370.jpg

 アロンソは2006年ワールドチャンピオンのタイトルを手みやげに今シーズン、ルノーからマクラーレンに移籍したわけだが結局1年限りの付き合いになってしまった。

 ルーキーのハミルトンばかりがクローズアップされていたマクラーレンの中で今後このチームで働くのは困難と考えたのであろう。思えば今シーズン様々な「ゴタゴタ」を演じてきた。

 そもそもアロンソがルノーからマクラーレンへの移籍した経緯としては、2005年までさかのぼり、マクラーレンの代表であるロン デニスとの水面下での交渉の末、一年越しの「密約」が成立し、ロン デニスはアロンソをルノーから見事に出し抜いたのである。

 今年のルノー陣営をみていれば解るが、タバコ広告の撤退、ミシュランの撤退などが既に報じられていて、ルノーにとってはマイナスな要素が2007年に一気に降り掛かるというのを先読みしていたのであろう。で、コネクションも実力もあるマクラーレンに移籍。という訳だ。ここまでは良かった。

 でも結局チームのゴタゴタ体質は変わっていなかったので、政治的な部分の犠牲になり結局放出。ワールドチャンピオンをこんなすったもんだにしてしまうマクラーレン.....う〜む。

 僕は個人的にアロンソの下品な振る舞いが大嫌いなので彼をかばうような記事は書かないが、(しかしマクラーレン移籍後、そういう下品な所はメディアでフォーカスされなかったけど)今後の移籍チームなどアロンソの動向に目が離せない。

 今のところ古巣のルノーが移籍先として最有力視されているが、今年のルノーのパフォーマンスをみる限り、2008年にアロンソが再びワールドチャンピオンになるのは難しいであろう。
[PR]
by torrows | 2007-11-04 16:06 | F1