スティッカムにてネットラジオ「torrows in the night !」を毎週土日21時から24時まで放送中!


by torrows
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Macintosh

 今月で自分で所有したという意味でマック歴1年目を迎えた。さて今日は僕のマック歴について話しを一つ。

 僕が始めてマックに触れたのはPC98全盛の時代、中学生の頃で始めてコンピュータの面白さやかっこよさを体感する。

 99年に家に始めて来たコンピュータは姉が思いつきで買った初代imacG3。メモリーは125しか無く、HDも6Gと、今のipod並み(笑)8,5のOSを理解出来ず、画面は良く止まり僕に取っては「使えないパソコン」で終わった。しかもしばらく放置していたら、壊れてしまった。
 インターネット時代の新しいパソコンとしてデビューしたimac。今考えてもコンセプトは素晴らしいパソコンだと思う。高価なイメージがあったマックがすごい低価格で今までのコンピュータには無いみずみずしいデザイン。設定が簡単で誰でも使えるというこの小さな可愛いコンピュータは今の僕に取っても好きな一台である。しかしデビュー当時のはやっぱり不完全品だったんだろうなって思う。証拠にデビューしてから直ぐにマイナーチェンジしたのが出たもんね。

 結局コンピュータとは無縁の生活を送り、2003年当時働いていたクルマ屋でやたらとパソコンスキルを問われて、僕も買おうと思い、色々探そうと思った。

 当時はマイクロソフトのWindowsXPが出たばっかりの時で、マックは多分OSX10,2くらいの時代かな?僕はパソコンは仕事で使うものだという概念があったし、姉のimacのちゃっちさからマックは止めてNECのバリウスター。プロセッサはintelセルロンの2G。WindowsXP。office搭載で15万。値段も決め手となり僕は始めて自分のコンピュータを所有することになる。しかし今でも覚えているのが心のどこかでマックが欲しかったな。後ろ髪を引かれる思いだった。

 所有して2年ではっきり言って飽きた。画面はダサいしすぐ不具合を起こす。使って行くうちにどんどん作業スピードが落ちる。NECから何だかすごいダサいメールマガジンが毎週来る。内容はバリウスターで年賀状を作ろう!とかお年寄りのパソコンセミナーのご案内とか。テレビが見れる最新型のご案内とか。サポートセンターの対応も何んだか駄目で、これは僕のコンピュータでは無いなと実感。その時アップルからimacG5が登場。OSも10,4tigerが出た時でサイトを見ていたら猛烈にマックが欲しくなってしまった。

 しかし当時新しいパソコンを買う余裕なんて無いしどうしようと悩んでいたときオークションである一台を見つける「power macG4 466mhz」それが¥20,000。
f0093622_1920244.jpg


 パワーマックG4って言ったら当時20万も30万もしたパソコンじゃないか?絶対に買えない代物だっただけに興味が湧いた。しかしもう5年以上前のマシンだし、まともに使えないのでは?でも¥20,000だからいーや入札しちゃえ。と殆どシャレで購入。3日後に商品が届いた。

 届いて電源を入れてみるとゴー!すごい轟音を上げて起動し始めた、う、うるせーこのパソコン!というのが第一印象。
 初期のアップデートとして、512mbのメモリー。OSX10,4。プロキーボード。マイティマウスを用意してカスタマイズすることにした。パワーマックはすごい中を開けるのが簡単で、あっと言う間に基盤が顔を見せる。そこにはメモリーのスロットが4つ。ハードディスクのスロットが2つ並んでおり他にも背面に自分でカスタマイズ出来るように何個もスロットが配置されていた。思わず凄いな〜これが本当のコンピュータだな。と思った。何だか以前のバリウスターが只の家電に見えて来た。実際使ってみた感想は、「もうwindowsはいらない」という感じだった。そのくらいマックはユーザーに優しくて、お洒落でパワフルなマシンだった。

f0093622_1915278.jpg

 上の写真のマシンは前回書いた先週¥4,000で落札した同僚のimacG3 400mhz。他人のマシンなのだがこれを僕はすっごいカスタマイズしたい(笑)

 ハードディスクは中古で40Gくらいのを入れて、メモリーは512mb。OSは10,4を入れてキーボードとマウスを最新に交換。
 プロッセサカードをG4にして理想は800mhz。かわいい顔してすっごい高性能!みたいな。

 しかしマックは今年プロッセサがインテルに移行したわけでこんなに金を掛けたら勿体ないのでしないで置くがマックって自分でカスタマイズして使えるのである意味クラフトマン心をくすぐるね。これも楽しみの一つだと思う。

 マックを使って丁度一年。これからもお世話になります♪楽しいコンンピュータライフを一緒に。

 
[PR]
by torrows | 2006-10-14 19:15 | マック