スティッカムにてネットラジオ「torrows in the night !」を毎週土日21時から24時まで放送中!


by torrows
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ネバーランド

 今日ネバーランドという映画を見た。20世紀初頭のロンドンのお話で演劇作家がある未亡人の家族と出逢い、夏に彼らは冒険に出る。そして書き上げたストーリーがピーターパン。というお話。
 映画はイマジネーションと現実の裂け目を描いていて、どうにもならない悲しみや信じる心の葛藤をテーマにしていた。 
 劇中で描かれていたネバーランドとは決して現実逃避の場所では無く、ネバーランドとは誰も知らない景色や風の匂いを心の中で大切にする気持ちの事なんだなあと思った。
 誰もが体感した感動的な事やいつまでも忘れる事の無い記憶、その中にそれぞれのネバーランドがあってきっと大人になっても心の中で生き続けるのがこの演劇に出てくるピーターパン。それは人の心にある信じる気持ちだったりする。だからピーターパンは大人にならない。
 奥多摩で見た、誰も居ない冷たい空気だけが流れる景色の中、落ちて行く夕日が空を紫に染まる瞬間。父親に連れて行ってもらったガラガラの横浜スタジアム。虹ヶ丘団地の大きな坂を自転車で駆け抜けた興奮。
 記憶の丁度真ん中の隙間みたな所に嘘偽りの無い僕だけのネバーランドがある。
[PR]
by torrows | 2006-07-19 20:08 | 音楽、映画