スティッカムにてネットラジオ「torrows in the night !」を毎週土日21時から24時まで放送中!


by torrows
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

日本代表

 f0093622_13302773.jpg


みんなテレビに釘付けだったであろう、昨日のワールドカップ。僕は地元のパブでビールをどんどこ飲んでゲームを見た。
 今日本がナショナリティや国民性なんかを主張出来るのはもはやサッカーだけでありここぞとばかりにみんな盛り上がる。
 しかし、日本がこういうスポーツで世界に存在感を示せるようになったのは本当にここ数年であり、マネーだけじゃない、強い日本が世界にアピール出来る場があるのは本当に嬉しい。
 結果はオーストラリアに3-0で負け。クロアチアに0-0で引き分け。次のブラジル戦に勝たなくては決勝トーナメントには進めないという、まさに万事休すという場面に直面した。
 試合後の選手や監督のコメントが印象的で、ここまできたらもうやるしかない失う物は何も無い。そしてテレビのコメンテーターが「これがワールドカップ」と言ったのが最も印象的だった。
 甘くはない、これが世界なんだ、そんな所で戦っている選手達は本当に凄いやつらなんだって感動した。
 確かに勝敗も大事だが、応援している僕らはこんな世界を目の当たりにして何を感じたか?傍観者である僕たちはこれらの世界を見て何を感じるかが一番重要である。サッカー以外の今の日本はどうだ? 

 諦めてはいないか?立ち上がれるのか?命を賭けて戦えるか?失うのが怖くないか?

 こんな時代だからこそ、勝ち負けに関わらず、最後までカッコ良い日本人の姿を見せて欲しいと思う。 これだけ盛り上がっているがやはりまだまだ日本人の視野は狭いと思う。日本戦が終わった後にオーストラリア対ブラジルの試合をやっていたが馬鹿そうな女の子4人組ぐらいがブラジルを過剰なほど応援していたのが印象的だった。いつからブラジル人になったの?
 話しの内容を聞いているとやれロナウドがかっこいいだのカカがかっこいいだの、シュートが決まると日本が勝った時くらいの大歓声を上げていた。
 まあそれぞれの楽しみ方があるにしろ、ただ青いTシャツ着ていつまでも日本チャチャチャじゃ駄目だと思う。ましてや次の対戦相手をまるで自国のように応援しているのは馬鹿だ。
 今こそ日本代表の試合を見て、自分たちのポテンシャルを考えたり、世界感を拡げもっと日本を盛り上げて欲しい。
 僕が今大会で感じた事は「ロスタイム30秒で人間は何が出来るのか」である。それはまた次の機会に話そう。
[PR]
by torrows | 2006-06-19 13:19 | スポーツ