スティッカムにてネットラジオ「torrows in the night !」を毎週土日21時から24時まで放送中!


by torrows
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

捨て身になることで

 人間やはりリスクや怖いものに直面すると硬直するもので、逃げ出すか、我慢するかどちらかになる。それはある意味当然の行動結果だと思うが、しかし失うのを覚悟で捨て身の決断も時に必要になる。
 今までの生活で問題無いかも知れないがやはりその問題無い所を打ち壊して先に進まないと進歩が無いと思う。
 とても勇気がいることだと思うが、決断したその先に自分の望む未来があっても良いんじゃないかな?と思う。それをどれだけ信じる事が出来るか?そこなんだなと思うんだ。
 大分前の話しだがプロ野球が11球団になり1リーグ制になるという決断を球団の老人達が決めた。それを現場の立場でヤクルトの古田選手がそれに対して抗議。減棒覚悟で選手一同でそれに向き合った。試合をボイコットするなど最悪の場面にも直面したが、彼は好きな野球を休止してまでファンと選手を引っ張った。
 結果、NPBは新球団の介入を承諾。シーズン中にはセ、パ交流戦を行い、再びプロ野球は活性化された。
 選手一人の力がそれほどまでに時代を動かすというのは本当に偉大だし最近の口先だけのカリスマではなく、本当のカリスマなんだなと思う。
 個人レベルの事でもそれは言えると思う。自分が望む未来があって、そこにビジョンをしっかり持つ。それに向かって精一杯の努力をする。時には自分のつまらないプライドや、大したことない自分が積み重ねてきたことなんかも全部捨て去っても。
 失うことばかりでもないし、目先の自分を失っても望む未来の方がよっぽど素晴らしい宝物だから。
 未来は決して一方向に進んでる訳ではない。僕たちの望んでいる未来もあるのだから。
 
[PR]
by torrows | 2006-06-07 10:49 | スポーツ